無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶24》・・・くしゃみ   



イタリアでくしゃみをすると、周りの人から『SALUTE!』(サルーテ)と言われます。
『SALUTE』を直訳すると”健康”と言う意味ですが、この場合は”お大事に”とか”体に気をつけて”という意味合いで使います。
くしゃみは、風邪の前兆という感覚があるのだと思います。
私は、くしゃみをした人がいたら、「サルーテ」と言うのがあたりまえになっていました。

帰国後、日本のアトリエは風邪ブーム。周りは、くしゃみだらけ。
でも、みんな『シ〜ン・・・』。。。
私は何だか、知らんぷりをしているみたいで、寂しかったのを覚えています。

イタリアでは、外でくしゃみがでたら、通りすがりの知らない人からも『SALUTE!』と声をかけられたりします。
イタリア人は知らない人に対しても、知らんぷりじゃないんです。例えば、路で転んだら、知らない人でも助けてくれます。
これって当たり前の事ですが、日本人は出来ていない事が多いように感じます。

古代のイタリアでは、日常の挨拶が『SALUTE』だったようです。
日本でも、それに近い文化があった筈なのに・・・、と残念に思います。
周りの人から気にされているというのは、嬉しい事なのに。
[PR]

by sole-e-luna | 2007-06-29 00:27 | 素敵な慣習 | Comments(2)

Commented at 2007-06-29 17:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sole-e-luna at 2007-06-29 23:23
ジプシーにバックをあけられちゃったんですか・・・
でも、地元の善良な市民に助けられたって訳ですね。
良かった、良かった。
イタリア人って、相手が外国人とか、言葉が通じないとかって関係ないんだと思います。”同じ人間”って事ではないでしょうか。

<< 《イタリアの記憶25》・・・ナンパ? 《イタリアの記憶23》・・・働... >>