無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶29》・・・またもやイタリア語のお話   



帰国して20年近くもたつと、当然言葉も忘れてきます。
とても残念なのですが、仕方ありません・・・

”忘れる”というのは、単語ではなく、喋るリズムのことです。(私はリズムと言ってますが、抑揚のことです)

日本語(標準語)は、話し言葉にリズムがないように感じます。
ずーっと同じ強さの同じ音程で話しているように聞こえます。

その点、イタリア語は、アクセントも強く、流れるように言葉を繋いでいきます。
意味を理解しようとしないで聞いていると、まるで音楽のように聞こえる事があります。
(外国人が日本語を話すと、リズムがありますよね)

単語は辞書を調べれば分るけど、話すリズムだけは実際に話し続けていないと忘れてしまいます。

滞在3年目の頃には、顔を見なければ、日本人が話しているとは思わないくらい、イタリア人のように話すことが出来ていたようなのですが、今ではすっかり日本人が話すイタリア語になってしまいました。

日本で暮らしていくには、日本語を上手に話すことの方が重要です。
帰国当初は、日本語がメチャクチャで(特に文法)、周りから日本語学校に行っておいで!って言われた位でしたので・・・
もちろん今は、普通に日本語を話しているつもりではいますが、
それでも、私にとってイタリア語を忘れるという事は、イタリア風に言えば、『Che peccato!』なのです。(直訳すると”罪”、意味合いは”嘆かわしい事・残念な事”です)


《余談》
国語を得意とする友人に、私の書いた文章を見せたところ。。。
「起承転結って、知ってる?」
「主語、述語って知ってる?」
「、。を付ける場所は知ってる?」って聞かれました。
どうやら私の文章は、結が最初に来てしまう事が多いようで・・・
うぅぅぅ、日本語を上手に話すのは、難しいですね。
今の私は、日本語もイタリア語も中途半端です。。。
[PR]

by sole-e-luna | 2007-07-05 00:45 | 生活/言葉 | Comments(0)

<< 《イタリアの記憶30》・・・マ... 《イタリアの記憶28》・・・イ... >>