無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 24 Dec 2008   

Merry Cristmas and a Happy New Year

Buon Natale e Felice Anno Nuovo
e0123299_0374891.jpg




196○年 12月 クリスマス

その家には、4歳の女の子と6歳の男の子が暮らしていました。

その家では、クリスマスにプレゼントを用意するという習慣はありませんでした。

もしかすると、国内ではまだクリスマスプレゼントの習慣が広がってはいなかったのかもしれません。



12月中旬、その子の家では、もみの木に似た木を庭から掘り起こし、大きな大きなバケツに植え替えて、オーナメントと綿と電球で飾り付けをしていました。

クリスマスの夜は、夕ご飯が済むとケーキが出て来ます。

バタークリームの大きな大きなデコレーションケーキです。

女の子は、子供のくせに甘いものが大キライで、ウエハースで出来たサンタのお家を食べただけでおしまいにしてしまいました。



クリスマスだからと言って、海外の子供のように夜更かしをする事は許されません。

ケーキを食べてお風呂に入ったら寝る準備です。

クリスマスの日も普通の日と同じように過ごすのです。



お風呂に入った二人の兄妹は、お母さんに連れられ一つの布団にもぐり込みました。

寝室の電気が消され、お母さんが出て行きました。



シーンと静まり返ったなか、男の子が小さい小さい声で女の子に話しかけてきました。



男の子「今日幼稚園で友達から聞いたんだけど、クリスマスの日に、欲しい物をお手    紙に書くと、サンタさんがプレゼントをしてくれるらしいんだ」

女の子「えっ、本当?サンタさんはどこから来るの?」

男の子「トナカイに乗って、お手紙を書いた子供のおうちにやってくるんだよ。煙突    から入ってくるんだって」

女の子「へぇ〜」

男の子「サンタさんにお手紙を書こうよ、何が欲しい?」

女の子「突然言われても、何が欲しいかわかんないよ。。。」

男の子「・・・、じゃ〜、オルゴールにしようよ。オルゴールだったら、二人で寝る    時に一緒に聞けるし」

女の子「うん、オルゴールにしよう!オルゴールがいい!」



小さな灯りの下で、男の子がサンタさんに「オルゴールを下さい」と、お手紙を書きました。そして二人の枕元に置きました。



翌朝、男の子が興奮した声で女の子を起こしました



男の子「ねぇ、起きて!起きてよ!サンタさんが来たよ!サンタさんからのお手紙が    あるよ!読むからね」



○○くん、○○ちゃんへ
『オルゴールは、べつのこのところにとどけちゃったので、もってくることができませんでした。ごめんなさいね。かわりにおかしをプレゼントします。ふたりでなかよくたべてください サンタより』



男の子と女の子の枕元には、お菓子とみかんが二つずつ置いてありました。



女の子は大人になった時、お母さんに聞いてみました。



私が幼稚園に行く前の頃、お兄ちゃんと二人でサンタさんに「オルゴールを下さい」って手紙を書いたら翌朝、オルゴールは別の子にあげちゃったからって、お菓子が置いてあったんだけど、あれってお母さんが置いてくれたんでしょう?


お母さんは、笑ってそっぽを向きながら「何の事?覚えてないけど」って・・・。






4歳の私が、兄とワクワクしながら布団の中で手紙を書いた時の気持ち、
翌朝サンタさんからの手紙を発見した時の嬉しかった気持ちは
今でも鮮明に覚えています。
とても寒い朝でしたが、キラキラした朝でした。



当時は、簡単に物が買える時代ではありませんでした。
それでも、お金では買えない物を沢山得る事が出来る時代だったと思います。
その時の事を思い出すと今でもあたたかい気持ちが蘇ります。

大人になって随分の年月が経ちますが、
子供の時の気持ちをいつまでも忘れずに持ち続けたいと願うのです。


『世界があたたかい気持ちでいっぱいになりますように』
[PR]

by sole-e-luna | 2008-12-24 01:11 | やさしい時間 | Comments(12)

Commented by inzei_com at 2008-12-24 12:10
あたたかい気持ちをありがとうございます。
(^_^)
Commented by ajisai-junko-mama at 2008-12-24 23:44
暖かい優しい思い出を、少し自分に当てはめてみました☆
とーっても、いい気持ちになれました。

私もチョッピリ・・・兄との小さな頃を思い出させて頂いて。。。ありがと☆
Commented by corgi-pan at 2008-12-25 12:12
こんにちは。

ホカホカ気持ちが暖かくなるお話でした。お母様は最初にその手紙をお読みになった時、どんな気持ちだったのでしょうか。ほほえましい光景ですね。

子供の頃、うちでも庭のもみの木を大きなタライ?みたいな箱に移し変えて飾り付けをしていました。懐かしいです。ではプレゼントはどうだっかなぁ。残念ながら余り覚えておりません。健忘症というよりもボケ症状です(笑)。
Commented by kokorono-yutori at 2008-12-25 17:57
Merry Cristmas♪

手作りのクリスマスカード素敵ですね!
そして、クリスマスの想い出も・・・。
私も毎年クリスマスの朝、枕元にプレゼントがおいてあったのを
思い出しました。
子供達も随分大きくなるまで、サンタさんの存在を信じてました・・・

そして今年は、のえたんとなーんにもないクリスマスを送ってます。
Commented by monmaki at 2008-12-26 00:28
こんばんは。
私も子供の頃のクリスマスを思い出しました。(しみじみ)
いつも暖かい気持ちをありがとうございます♪
Commented by kumi at 2008-12-26 13:57 x
毎年、素敵な素敵なカードをありがとう!本当に心温まります。

今年の秋から、カルチャーセンターでイタリア語のクラスに通い始めました。暫く使ってないと、もう全然忘れちゃってる・・・でも、いろんな職種のイタリア好きが集まってなかなか楽しい時間です。

世界中の人たちが楽しく過ごせるようになるといいのにね。

よいお年を・・・
Commented by sole-e-luna at 2008-12-26 15:04
>むーちゃんパパさん
あたたかくなりましたか〜(●^o^●)
ここだけの話なんですが・・・、
あのカードには、Happyを吹き込んでいるんですよ。。。
カードを開けた人だけが感じられるんです。。。
内緒ですよ(^^ゞ
Commented by sole-e-luna at 2008-12-26 15:07
>junko-mamaさん
mamaさんんもお兄さんがいらっしゃるんですよね。
自分の事ながら、子供の時って純粋だったなぁ〜と思ってしまいました。
いつぐらいから純粋でなくなってしまったのだろう・・・?
Commented by sole-e-luna at 2008-12-26 15:12
>パンパパさん
手紙を見つけた母は、びっくりしたと思うんです。
でもって、当時はコンビニもないし、夜から早朝にかけて、どうやってお菓子を用意したのか、今もってナゾです。

パパさん宅も庭のもみの木をタライに植え替えていたんですね(笑)

ボケ・・・、これは仕方ありません。。。←もう少しマシなフォローをしろ!

Commented by sole-e-luna at 2008-12-26 15:16
>kokorono-yutoriさん
のえたんとのクリスマスはいかがでしたか?
毛皮をまとったのえたんと一緒だったら、暖かいクリスマスを過ごせたのでは?(笑)

私の友人のお子さんは、サンタさんが寒いだろうからって、ホットミルクをベランダに置いてからベッドに入るんだそうです。
かわいいですよね(^^)
Commented by sole-e-luna at 2008-12-26 15:20
>もんままさん
子供の頃を思い出しました?(^。^)
多分、同世代と思われるもんままさん、似たような思いでがあるのでは?

Commented by sole-e-luna at 2008-12-26 15:25
>kumiちゃん
今年も破損することなく、無事届きましたか?

イタリア語のカルチャースクール、羨ましです。
こちらは田舎なので、イタリア語の語学学校はないと思われます。
私も、もう一度、基礎からしっかり勉強したいのだけど。。。
時々、仕事でイタリアに電話をかけなくてはいけない時があって、そうい時は必ずハプニングがある時で、、、ヒェ〜(-_-;)
名前
URL
削除用パスワード

<< 年末大慌て クリスマスカード >>