無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:仕事( 2 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶50》・・・太陽のあたらない生活   



via SENATO(セナート通り)のショールーム兼アトリエ
(コレクション前なので、雑然としています)
e0123299_0505385.jpg



ここは、ショールームでしたが、運河沿いのアトリエが出来上がるまでの半年間は、ここの奥をアトリエとして使用していました。
e0123299_0485856.jpg




入り口だけは通りに面しているのですが、半地下の為、殆ど自然光が入りません。
太陽にあたれるのは、朝の通勤時と、お昼を食べに行くときだけ・・・
もちろん新鮮な空気も入ってきません。。。


ここで仕事を初めて数ヶ月後、私たちは全員”緑色”になってしまいました。
どういう事かと言うと、イタリア人も日本人も、肌の色が緑がかってしまったんです。
白人でも黄色人種でもない『緑色人種』になってしまったわけです。
(デビルマンは、青い皮膚に緑の血、だったっけ?)

コンクリートのうちっぱなしも、体には良くなかったかもしれません。
本当にまんま、うちっぱなしだったので、コンクリートの埃が出るわ出るわで・・・
そんな状態で、空気がきれいな筈はありません。

そして、全員が激やせ・・・
(私は一ヶ月で10キロ減。もう、足取りが軽くって軽くって、小走りしてました)


つくづく、本当につくづく、
『太陽はありがたい』
『新鮮な空気はありがたい』
と、感じたものです。


でも、気持ちはサイコーに元気だったので、無事にミラノコレクションを終える事は出来ました。
具合が悪そうなお互いの”緑色の顔”を見て、大笑いしていたくらいです!
(周りの人からは、特殊な病気の集団に見えていたようでしたが・・・)
[PR]

by sole-e-luna | 2007-09-11 01:31 | 仕事 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶18》・・・仕事と音楽   



当時、かかさず持ち歩いていたのがウォークマンでした。
パターンをひいている時、周りの音を全て遮断し、自分の世界だけに浸ることが出来るのです。

聴いていた音楽の種類は本当に様々で、歌謡曲からクラッシックまで、その時のお気に入りを聴いていました。

音楽はパターンにも影響し、仕上がった洋服の雰囲気さえも違ってきます。

「このジャケットはショパンを聴きながら引いたの」・・・とか
「このワンピースはジャズ」・・・とか

デザイナーからも「今回はサンサーンスジャケットの勝利だね」なんて言われたり。
急いでいる時に「ハイウェイスター」を聴くと、ものすごく早く仕事が進んだり。

私にとって、物創りと音楽って、とっても密接しているんです。
唯一、演歌だけは聴きませんでした。
洋服が和風になりそうな感があったので・・・


ある日の出来事・・・
その日、デザイナーとアシスタントは外出していて、私一人がアトリエで仕事をしていました。
アトリエには、デッキやスピーカーがなかったので、その日もウォークマンを聴きながら自分の世界にこもり、パターンをひいていました。

その時聴いていたのは、確か、ドリスディの「センチメンタルジャーニー」。
仕事ものってきて、一人という事もあり、ウォークマンにあわせついつい口ずさんでいたようです。

・・・曲が終わったとたん、私の後ろから大きな拍手が!

飛び上がるくらいびっくりした私・・・

後ろにいたのはデザイナーとアシスタントでした。
しのび足でアトリエに入ってきて、私の歌を最後まで聴いていたとのこと。
彼ら曰く、私はかなり大きな声で歌っていたようでした。
全く悪趣味な二人です。
だって、私は決して歌が上手ではありませんから。

新緑の木漏れ日が入る、午後の出来事でした。
[PR]

by sole-e-luna | 2007-06-18 22:56 | 仕事 | Comments(0)