無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 15cm×10.5cmの世界   



2006年クリスマス
e0123299_0112835.jpg

年に一度のご挨拶。
中々会えない友人たちへ、手作りのクリスマスカードを送る。
「私は今年も元気です」を、伝える為に。
「みんなも元気でね!」を、伝える為に。






帰国後、イタリアで出会った友人へ、クリスマスカードを送るのが習慣になりました。
最初の数年は、市販のカードを購入し、外国人の友人のみへ送っていました。

一時、パタンナーの仕事を中断していた時・・・。
私は序々に欲求不満になり、「とにかく何かを作りたい」とイライラし始めたのです。
そのとき思いついたのが、”手作りのクリスマスカード”でした。





e0123299_0235645.jpg

最初の頃は、簡単な絵を書いたりしてました。





e0123299_0252511.jpg

段々とカードが《額縁》に見えてきて、
15cm×10.5cmの小さい世界を楽しむようになりました。
庭で枝を拾い、色をつけて・・・






e0123299_028733.jpg

ここ数年は、紙粘土にはまっています。
紙粘土で作った中央のモチーフをカードから外して、ツリーに飾ってもらえたら・・・なんて思って。
最初の頃は、こんな感じに簡単なモチーフから始まったのです。





e0123299_036528.jpg

9.11テロの12月、ニューヨークの友人へ送ったカードが戻ってきちゃいました。
何と、受け取り拒否。
カードの中の紙粘土は粉々になっていて、当時、危険な郵便物の事件が多発していた為、私からのカードも危険物?と思われたのかもしれません。
そこで、翌年からは、段ボールをカットして額縁を作るようになったのです。
もちろん更に補強する為のプチプチもはさみました。
中央はリースのつもりなんですが、周りのイガイガは、何とパスタなんですよ。





クリスマスカードは、毎年50通限定です。
何故なら、飽きずに出来るのは、50通が限界なんです。。。
それでも止められないのは、楽しみに待っていてくれる友人たちがいるから。
「リビングに飾ってるよ」
「玄関に飾ってるよ」
「仕事場のデスクに飾ってるよ」
何て声を聞くと、それだけで嬉しいんです。
中には、今までのカードを全部保管している友人もいたりしてビックリします。
その話を聞いて、自分用に一部保管するようになりました。
(だから、初期の物は持っていません(苦笑))





今年は、ちょっと出遅れちゃいまして、海外向けは早めに送らなくちゃいけないのに、間に合うか・・・?
かなり・・・微妙です。





e0123299_0491342.jpg

今年は、こんな感じ。
この後、ビーズを付けて・・・etc

何人の友人たちが、このブログを見てくれているか分らないけど、あまり見せちゃうと、楽しみがなくなっちゃうと思うので、ちょい見せで!
ちなみに、モチーフは鳥ではありませんよ〜。



出来上がった今年のカードは、クリスマス前後に画像をアップしようと思ってます。
[PR]

by sole-e-luna | 2007-11-25 01:29 | やさしい時間 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 青空と流れ星   



今日の空は、真っ青。

イタリアの空のように真っ青だった。

真っ青な空に、触れたくなるような柔らかい雲が、色んな形をして浮いていた。

私の周りは無音になり、自然の音だけが微かに聞こえていた。



夜、流れ星を見た。

何年か振りに、見た。

それは朱色で、一瞬のうちに地平線へ去っていった。



何だか悲しくなった。
[PR]

by sole-e-luna | 2007-11-14 00:57 | やさしい時間 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶60》・・・柿   



最近、めっきり寒くなってきました。
朝方、あまりの寒さに目が覚めてしまったり・・・。
そのせいか、何だか風邪気味の私です。



イタリアでは、病院に行った事がありませんでした。
イタリア人自体、そう頻繁には病院に行かないように思います。
”病院を信じていない”と言うこともありますが、みんな食べる物に気を使って、体を治す事が多いように感じます。


”のどが痛い時には、カブをお砂糖で煮て食べる”とか
”頭痛の時は、エスプレッソにレモンを絞って、スプーンで一杯飲む”とか

いずれも、私はやってみた事がないので、実際の効能は分りませんが・・・?



冬、ミラノの果物屋さんには、柿が並びます。
先が尖ったタイプの熟した柿です。
(今は、平たい丸い柿も売っているようです)


以前の”記憶”で、イタリアでは日本の食材が手に入らない、と書きましたが、
この柿、イタリア語のネーミングも『カキ』なんです。
と言う事は、日本からの輸入だったのかもしれません。
でも、そこはイタリア語、スペルはちょっと違います。


確か『KACHI』だったと思います。
イタリア語は殆どがローマ字読みなんですが、いくつか違う物もあって”キ”は『CHI』と書きます。”チ”は『CI』です。
でもって、イタリア語のルールからすると、『KACHI』は、男性名詞の複数形。
単数形にすると『KACO』"カコ"になります。
2個以上を買う時は『カキを下さい』と言えるのですが、1個だけ欲しい時は、『カコを下さい』となる訳です。
何だか、かわいいですよね☆


堅いもぎりたての柿が、船に揺られて”どんぶらこっこ”と海を渡り、イタリアに到着する頃には熟して食べ頃を迎えるのかなぁ〜と、想像していました。

とろとろに熟した柿を、冷蔵庫で冷やしてスプーンで食べる!
乾燥した冬の風邪予防には、最適な食べ物でした。



《余談》
私は病院には行きませんでしたが、何度か薬局のお世話にはなりました。
もちろん風邪薬も普通に買うのですが、ドイツ人の友人が”頭痛の時に某胃薬を飲むと効く”と言うので、試してみたらなるほど善く効くのです。
胃薬で頭痛が治る・・・不思議ですが本当です。
何度か商品名を言って、胃薬を買っていたのですが、ある日薬剤師さんから「どこが悪いの?」と聞かれたので、正直に「頭が痛い」と言ってしまったら、もう胃薬は売ってくれませんでした。
その時は頭痛薬が処方されたのですが、頭痛薬よりも胃薬の方が効き目は良かったのです。

《余談》
私の友人のボーイフレンドが、バイクで転び血だらけになった時、救急病院に運ぼうとしたら『救急病院には連れて行かないでくれ〜。あんな所に行ったら殺される〜』と言って、ふらふらになりながら家に帰りました。
イタリアにも名医は沢山いるはずです。以前、心臓外科の世界的医師はイタリア人と聞いた事もあります。でも、イタリア人さえ病院は信頼していなかったりするのです。病院と医師によるとは思いますが。。。
一度だけ歯医者にかかった事があるのですが、保険がきく歯医者はヤブ医者が多いと聞き、保険外治療の歯医者を紹介してもらった事があります。とっても親切でしたが高額の為、歯磨きを一生懸命していました。
今つくづく思うのは、日本人は病院に頼り過ぎのように感じます。
(と、書いて自分もそうだと反省しています。。。)
[PR]

by sole-e-luna | 2007-11-09 01:06 | 生活/言葉 | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶59》・・・パスタの食べ方   



日本にイタリアブームが訪れて、早数年・・・。
”スパゲッティを食べる時は、フォークのみ!スプーンは使わない”
という、本場の食べ方を、今や多くの人が知っていると思います。


滞在始めの頃、私の周りのイタリア人は、私が何も知らないと思い、それこそ手取り足とり?イタリアでの食事のマナーを教えてくれました。
”他所の国”に興味を持っているイタリア人は、「日本はお箸で食事をするから、ナイフ・フォークは知らないかも」と、思っていたのかもしれません。


「スパゲッティは、一口分をフォークでとって、巻き付けて食べるのよ」
「お魚のナイフは、お肉のように切るんじゃなくて、こう使うの」
「ピッツァは、手で食べてもいいけど、ナイフとフォークで食べた方が手も汚れないしエレガントよ」 etc・・・


20代前半の私。
もちろんテーブルマナーは何度も経験済みでしたが、教えてくれる周りの言葉を至って素直に受け入れていたように思います。
お陰で私は、食事の席で恥ずかしい失敗談の記憶はありません。




ドイツ人・ベルギー人・イタリア人と我が家で食事をしていた時の事。
私たちはトマトソースのスパゲッティを食べていました。
その時、ドイツ人の友人が笑いながら、話し始めたのです。

「イタリア行きが決まった時、ドイツの友人から、こんな事を言われたのよ。
スパゲッティを食べる時は、絶対スプーンを使っちゃだめ!
スプーンを使って食べるのは、外国人だけなんだから。
イタリア人はフォークだけで食べるのよ」って。

私「へぇ〜、ドイツもスプーンを使うんだ。日本もスプーンを使うの。でも、今やフォークだけの方が食べやすいけどね☆」


と、話したところで横を見ると、シチリア出身のアンジェロが、何とスプーンを使って黙々とスパゲッティを食べているのです。

そこで、ベルギー人の男の子
「アンジェロ!スプーンを使うなよ!」って笑って言ったら、

アンジェロ
『だって、スプーンを使った方がトマトソースが跳ねないもん。スプーンは便利だよ。みんなも使えばいいのに』ですって・・・


そこにいた外国人は、全員フォークだけでスパゲッティを食べているのに、唯一のイタリア人は、スプーンを使ってスパゲッティを食べていました・・・。



ちなみに、スプーンを使ってスパゲッティを食べているイタリア人は、(アンジェロ以外)見た事はありません。



《余談》
ピッツアは、元々手で食べるのが一般的だったようですが、社交界の一部でナイフとフォークを使って食べるようになり、その姿がエレガントだった為、庶民も真似をし一般に広まったようです。
[PR]

by sole-e-luna | 2007-11-06 00:57 | 生活/言葉 | Comments(0)