無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 検索ワード   

ブログを初めて、1年が経ちました。

『イタリアの記憶』は、2年前の秋頃から、少しずつ書き貯めていたものです。

その時の目標は、”この世に一冊だけの本を手作りで製本し、友人間で回し読みをする”でした。(一冊しか作らない為、回し読みしか出来ない)
文章も手書きにし、「筆で書こうか、サインペンで書こうか」と悩んだり、「当時の写真をどんな風に貼付けようか」と考えたり、具体的な構想まで練っていました。

が、昨年の5月、会社の人から「ブログに書いたら?」って言われ、あれよあれよと言う間に私の目の前でブログを開設してくれたのです。

私にとって『イタリアの記憶』を書くという事は、当時の記憶を蘇らせる大切な意味合いを持っているのですが、同時に文章力を養う事でもあるんです。
文章力・・・はっきり言ってないんです。
後で読み返すと、「接続詞が変」って内容も沢山。起承転結もおかしい?
・・・全くお恥ずかしいかぎりです。
きちんとした日本語の文章が書けるように、毎回国語の勉強・訓練だと思って書いてます。私は日本人ですから。


そんなお恥ずかしい文章でも、沢山の方からのアクセスをいただき、この場を借りてお礼を申し上げます。


アクセス解析にある『検索ワード』をチェックすると、イタリア関連のワードが一番多いのですが、中に不思議な”ワード”で私のブログがヒットしちゃったケースもあるようです。
今回、特別に”その不思議”を紹介しますと・・・。


◆『blu イタリア 飛行機』← 何故ヒットしたのか分かりません。そして、この方は何を調べたかったのか・・・?


◆『イタリア語 アレルギー』←多分この記事がヒットしたのでしょうけど、個人的なアレルギーのお話を書いたのであって、アレルギーをイタリア語で何て言うかはどこにも書いていません。ごめんなさい。ちなみにイタリア語でアレルギーの事は「allergia」アレルジーアと言います。


◆『sole luna』←私のログイン名がヒットしちゃいました。意味をご存知の方も多いと思いますがイタリア語で「太陽 月」です。


◆『マック』や『マックブック』←これも多いです。去年の今頃、燃えましたから


◆『中華 風梨』← イタリアで日本の梨を食べたかったお話を書きましたが、検索した方は何が知りたかったのか???です。


◆『クリスマスカード 手作り 簡単』←毎年作っているクリスマスカードのお話がヒットしたのでしょう。けれど制作に1ヶ月以上かかりますので、簡単じゃなくて・・・残念!


◆『イタリアでは女性に声を掛けるのが礼儀』← だから〜違うんですよ〜。きっとこの記事を読んで理解してくれた事と信じます。


◆『ペット ミニチュアダックス ブラックタン』← ごめんなさい、ご希望に添えず。うちは、コーギーのブラックタンです。。。


◆『胃薬で頭痛が治る』← まさしくこの内容の経験談を書いたのですが、検索するって事は、日本の巷でもそんなウワサが流れてるの?


・・・まだまだ”不思議ワード”は沢山あるのですが、不思議ワードでも、偶然の出会いから、その方が知らなかったイタリアを紹介出来たとしたら嬉しいです。
これからも少しずつ書いてまいります。(時にはくるみのお話も!)
よろしかったら、今後もお立ち寄り下さい。

さてさて次回は、書こうかどうしようかさんざん迷った、『3本の指に入る大事件の巻き』です。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-30 01:17 | 日々の出来事 | Comments(15)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 うれしいがイッパイ!   


ここ数日 小さな ”うれしい” が たっくさんあります


小さな ”うれしい” が たっくさん集まって


積み木のようなお山になって からだの細胞 すべてが喜んで


何だか私は いつもニッコニコなんです





みなさんにも うれしい事が沢山ありますように
e0123299_2321532.jpg
92年フランスにて

[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-24 23:31 | やさしい時間 | Comments(12)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶78》・・・21時45分の風景   


夏のイタリアは、日本とは比べものにならないくらい日照時間が長くなります。
一般のイタリア人は明るいうちに仕事を終え、明るいうちからBarでアペリティブを飲みながら、仲間たちと陽気に語らい、明るいうちからドレスアップして、ウキウキとレストランへ足を運ぶのです。


こんなふうに夜の時間がゆったりと流れる季節でも、私は日々仕事に追われる事が多かったのですが、そんな私の唯一の楽しみは21時45分に仕事を終え帰路につくこと!
何故なら、その時間だからこそ見られる美しい景色が私を待っていたから・・・。
 

私のアトリエはミラノの旧市街にあり、当時は芸術家も多く住んでいる運河に囲まれたエリアにありました。
仕事を終えた私は、大急ぎで1階のアプローチを抜け、大きな大きな木の門を開け、外に飛び出します。
門を出て右に20メートルほど歩き、そこを更に右へ曲がります。
すると、目の前には横に流れる運河がひろがります。真正面にはその運河にかかる石造りの古い橋があります。その橋は、ひとが二人並んで通れるくらい狭い、アーチ型のかわいらしい橋です。その橋の向こうワンブロック先の突き当たりには、古い小さな教会があります。橋から教会までの道は、車が一台通れるくらいの狭さで、教会も道の両側にある建物も、ミラノならではの古い石造りです。


その季節、21時45分に太陽が教会の十字架あたりまで降りてきて、日没を迎えるのです。
昼間はグレー色の建物も、その瞬間だけは、一日の最後の明かりを受けオレンジ色に染まるのです。逆光を受けた教会の十字架と鐘が美しく輝き、運河に架かる橋までの道をノスタルジックに照らしてくれます。
夕暮れのあたたかい色に包まれたアンティックな街並みは、子供の頃見た光景を思い出すかのようです。


私は毎夜足を止めて、その光景に見とれていたものでした。
日没までの約10分ほどの美しい景色ですが、飽きる事はありませんでした。


更に日没を迎えた後、橋の頂上まで歩いていきます。
そこで空を仰ぐと、既に乳白色に輝く月が出ており、深い深いネイビー色の空に星が煌き始めています。
視線を空から運河へと落とすと、美しい夜空はゆるやかな運河の流れの上でゆらめいて見えます。
時々、恋人たちは橋の手すりにもたれかかり、その景色を静かに眺めています。
まるで時が止まっているかのように・・・。


ゆるやかな運河の流れのように、夏のイタリアの夜は、ほんとうにほんとうにゆったりと流れていきます。

e0123299_0123988.jpg

夏のマッジョーレ湖
(残念ながら運河の写真がありませんので、湖の写真をお届けします。)
[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-21 00:17 | 心に残る風景 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 花の香りを深呼吸   


今日、友人達と足利フラワーパークへ行ってきました。
以前から、行きたいと思っていた所で、『大きな大きな藤の花』が有名です。


花の見頃時期により、入園料も変動するのですが、
ゴールデンウイーク中は藤の最盛期で1,300円。
が、本日は900円。。。
それでも、まだ半分は咲いているだろうと、たかをくくって出かけたのですが・・・


e0123299_23923100.jpg

画像では、最盛期のように見えますが、実際には9割が枯れているんです。
(残念!)
それでも、藤の香りがあたり一面に漂い、思わず立ち止まって『深呼吸』です!
e0123299_23232312.jpg

藤の花って、こんな花だったんですね〜。
小学校の庭に藤棚があったのを覚えていますが、花の様子は忘れていました。
京都の舞子さんが、頭に付けているかんざしとは違いますね〜(笑)





園内には、様々な藤があり、これは『白藤』の回廊です。
e0123299_23234434.jpg

画像では分かりにくいですが、何と100%、花は枯れておりました。。。
それでも、自然に花が落ちるのを待っているようで、道の両脇が白藤の花びらで真っ白になっています。





『きばな藤』
e0123299_2324494.jpg

まだ、枝振りが小さいですが、唯一最盛期の状態でした。
黄色の花は、気持ちを元気にしてくれます!
数年後には、木漏れ日がさす、黄色のトンネルの中を、歩ける事でしょう。
e0123299_23242262.jpg






園内のあちこちには池もあります。
e0123299_23243983.jpg




この池の名称は『モネの池』
でも、モネの睡蓮の絵とはまるで違って、何故かアジアン?
e0123299_3301564.jpg

何と、この池には”うしガエル”が生息しているのです。
初めて「もぉ〜もぉ〜」と鳴く、うしガエルの大きな声を聞きました。
ちょっと恐かった。。。
カエル以外にも、カメもいたし、コイもいましたよ。




園内には、藤以外にも、様々なお花がいっぱい咲いてます。
e0123299_2325999.jpg

e0123299_23252818.jpg





中でも、バラはこれからが見頃のようで・・・
e0123299_2325475.jpg



このバラ、とってもキレイでしょ☆
♡幸せな色合い♡ 
(コンデジのマクロでも、ここまでキレイに撮れた事がウレシイ私でした)
e0123299_2326367.jpg



個人的には、大輪の豪華なバラよりも、一重咲きのバラがお気に入り。
e0123299_23262042.jpg

e0123299_23263959.jpg



『来年は”夜のライトアップ藤”を見に、4月中旬頃に来ようね!』
と、友人と約束をし、帰ってきたのでした。
普段、長時間お日様に当たる事がないので、今日は久々にちょっと疲れたかな。。。
でも、藤の香りを目一杯深呼吸してきたので、リフレッシュ完了です☆
[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-17 00:11 | やさしい時間 | Comments(8)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 地震大国『NIPPON』   


昨夜、大きな地震があったらしい!


『らしい』と書いたのは・・・正直よく覚えていないのである。


ゴールデンウイーク中も、ず〜っと働き通しだったわたし。
さすがに昨夜は疲れがたまったのか、夕食後とんでもない睡魔が襲い、そのま爆睡してしまったのである。
(誰か私の夕食に睡眠薬でも入れた???)



・・・?、そう言えば、寝ている時、かなりの音とともに我が家が
ぐぅ〜ら、ぐぅ〜ら揺れたような気がする。。。


実際には、かなり長い間、揺れていたらしい。
震度5くらいあったとの事。


良かった、起きてなくて。。。
普通は、起きていた方が良いのだと思うが、起きていたら恐い。
(起きてなかったら、逃げなくちゃいけない状態でも逃げられないという事は、とりあえず棚にあげておく)



我が家は、築20年を越す木造住宅。
何も壊れず、いつもの朝が訪れた。



が、たった今、地震の被害を発見!
e0123299_2313120.jpg

棚に置いてある、約30cmのワイヤー製トルソーが倒れている!
たったこれだけの被害で済んだことは幸いかもしれない・・・。





私がカメラを向けると、くるみは必ず緊張する。
どんなにイビキをかいて寝ていても、『ぱちっ』と目を開けてしまう。
e0123299_23291192.jpg


いつも不思議に思うのだが、ワンの鼻は、どんな構造になっているのだろうか・・・?
e0123299_23302061.jpg

[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-08 23:40 | 日々の出来事 | Comments(15)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ピンクに染まったありんこ公園   

e0123299_12375932.jpg

ゴールデンウイークが過ぎたら、ありんこ公園のつつじが満開なっていた!
ゴールデンウイーク中に、一つ、また一つと、つぼみが開いていったのでしょう。

この公園、地域のおじいさんとおばあさんが二人で、樹木の手入れとお掃除をしてくれています。
お二人のお陰で、満開のつつじが見られるのですね。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-08 12:37 | 日々の出来事 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶77》・・・フェラーリ   



♪緑ぃ〜の中を走リ抜けてく
       真っ赤なフェラーリ


を、一度だけ見た事があります。
言い方を変えれば、3年の滞在中、フェラーリを見たのはその一回きりだった、と言う事です。

発見現場は、南イタリアの美しい田舎町。
新緑に覆われた畑の中を走る真っ赤なフェラーリ。

友人宅に帰り、お母さんに「今日、真っ赤なフェラーリを見たよ!」って言ったら、
『あぁ〜○○さんちのバカ息子。あんな車、乗るもんじゃないわよ。ガソリン代がいくらかかるかわかりゃ〜しない。』・・・って言ってた。


確かに、フェラーリの所有台数トップは日本。
イタリアでは、殆ど走っていません。。。多分現在も。。。


e0123299_1184645.jpg

フィレンツェの街角
路上サイドが駐車場。
両脇に並んでいる車は、走っている訳ではありません。駐車しているんです。
みんな前後の車に自分の車を軽くぶつけながら、何度も何度も切り返して、狭い空間に自分の車を停めるのです。

買ってから一度も洗車をしたことがないんじゃないか?と思うくらいに汚れた車が殆どでした。どんな大金持ちも、車はホコリだらけ、みたいな・・・。
あまりピカピカにしていると、『盗まれる』らしいのです。
また、何日も放置していると、確実に盗まれるらしい。
(以前、タイヤを4本とも盗まれている車があった)

最近では、洗車をする車も増え、街中にはきれいな車が走っています。
でも、フェラーリは走っていませんよ。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-05-04 01:40 | 生活/言葉 | Comments(11)