無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 休ブログウイーク   



くるみ 生後2ヶ月と11日
e0123299_0182454.jpg

この頃は、よく『へそ天』で寝ていました。037.gif
ピンク一色だったお腹に、ホルスタイン模様が入ってきたのもこの頃です。023.gif
(トイレシートを食べてしまう為、新聞紙を敷いていました)


次回は、イタリアのお話に戻ります。
『2度目のヴァカンス』です。
まずは・・・、ネガをCDに焼いてこなきゃっ!
しばらくお待ち下さい040.gif
[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-30 00:31 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 私の手が必要とする『七つ道具』   


パターンを引くとき、なくてはならない七つ道具がこれです。
e0123299_2192757.jpg

・方眼定規50cm(メインで使っている定規。これ一本でカーブも引きます)
・方眼定規30cm
・金尺 1M
・ホルダー(中身の芯は、鉛筆の太さ)
・ホルダー用芯削り(青いバケツみたいな物)
・カッター(直線もカーブもカッターで切ります)
・おもり(かなり重いです。足に落としたら骨折するかも)
・はさみ ← これは、パターン作成には必要ありませんでした。ついつい20年の
 付き合いなので、一緒に撮っちゃいました。
全部数えたら9つあるぅ〜。定規はまとめて一つのお道具ということで・・・。


現在は、CADでパターンを引いている所が多いと思いますが、機械のやる事には限界があると信じ、私は今もなおアナログ的に、定規とホルダー(鉛筆)を使って、パターンを引いています。



イタリアでは普通の鉛筆を使用していました。
先が少しでも丸くなると、線が太くなってしまうので、頻繁に削るから、なくなる頻度が早過ぎでした。(一日一本のペース)


帰国後は、ステッドラーのホルダーを愛用しています。
e0123299_2201476.jpg

ステッドラー(青)は、ドイツ製の為、少々お高いんです。
でもって、筆圧の強い私は、金属疲労が激しいのか、定期的にホルダーが折れてしまいます。(青い部分が鋭利にバリっと)
先日、低価格の uni のホルダーを購入してみましたが、重さといい、握り心地といい、ステッドラーとは雲泥の差・・・。
やっぱりドイツ人の作る物には、隙がありません。




e0123299_2204525.jpg

筆圧が強いとは、どういう事かというと、定規を押さえる左手にものすごく負担がかかるのです。
ホルダーを持つ右手ではなく、定規を押さえる左手の方が疲れます。
ハードに仕事をしていた時は、左手首にコブが出来、腱鞘炎になったくらいです。




私の手は仕事をする手。
紙も、布も、私の手の水分/油分を全て奪ってくれます。
ホルダーの鉛筆の芯は、私の指先を荒らしてくれます。



人前で手を出す事が恥ずかしい程、冬場は最悪になります。
人前では絶対『グ〜』です。『パ〜』は出来ません。
(手って、生活感が出る部分だし)



そんな悲惨な私の手を見た、ネイリストの友人が、「あま皮をきれいにケアすれば、きれいな爪になりますよ」と言い、その日から爪のケアを週1ペースでしてくれました。



約3ヶ月後、な・な・なんと、こんなにキレイになりました☆
e0123299_2211675.jpg

指先がきれいになると、自ずと手の動きも気にするようになり。。。
ケアをする前は、爪の形も変だったのに、ケア後は、まあまあ見られる形になったのも驚きでした。
幾つになっても、女性らしくありたいと感じるこの頃です。



【おまけ】
半月程前から、我が家の『テッセン』が咲き始めました。
花びらは、どれも6枚。確か日々谷花壇の母の日ギフトを地植えしたものです。
e0123299_222895.jpg


そしてそして、先日行った足利フラワーパークで購入した「一重咲きのバラも、小さい苗が1メートル位になり、花をつけてくれました。甘い香りがほのかにします。
何故かアマガエルが花びらの中で休憩中です。
e0123299_2225265.jpg

[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-23 03:12 | 日々の出来事 | Comments(11)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ♪わんこ家族くるみのお話♪・・・地に腹のついた生活   



人間の場合、座高や股下などの測定方法がある。
ワンの場合、腹部から床までを股下と言うのか?腹下と言うのか?


地に腹が付きそうな生活を送っているくるみ。
それが普通だと思っていたが、既にローン王子にも抜かされ、もんままさん宅のもんちゃんとは雲泥の差がある事に気がついた。。。


e0123299_051433.jpg

(むーちゃんパパさん、床にくるみの毛が舞っておりま〜す)




上の画像では、床上何センチかは分からない為、お腹の下にタバコの箱を入れてみることにした。(さて、お腹の毛を持ち上げて、っと)
e0123299_052310.jpg

タバコの箱を横に寝かした状態で目一杯(汗)
ちなみに5.5cmです。。。
これでも、一生懸命立っているんです。。。
「かがんでいる」訳でも、「休め」をしている訳でもありません。


身長=約75cm
体重=12kg
腹下=5.5cmでもって、腹毛も長い
(お腹が汚れるわけだ。。。)





今日、表参道ヒルズに行ってまいりました。
そこのペットグッズ屋さんで、おもちゃを購入♪
e0123299_0522888.jpg

『ピヨピヨ』鳴る、ブタとボール


ブタは、すぐに破壊されそうだし、汚されそうだし・・・。
しばらく、とっておこうっと♪


ブタは見せないで・・・『くるた〜ん、ボールだよぉ〜、きゃ〜っち!』


ナイスキャッチをしたくるみは、案の定、ボールをくわえたまま、離さない!
e0123299_0524970.jpg



今くるみは、誰にも取られないようボールを抱え込んで寝ています。
すでにヨダレでびちょびちょなんだから、誰もとらない〜って!



今日は満月『Full Moon』
満月の下、夜9時頃くるみとおサンポ。
月灯りで、くるみのお顔が笑っているのが見えたね。
うさぎのように、ぴょんぴょん飛び跳ねて走っていました。(これホント)
[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-19 01:16 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(11)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ♪わんこ家族くるみのお話♪・・・X JAPAN   



高級犬毛?をまとったくるみは、暑くなるとドタッと横になって寝ます。
e0123299_04448.jpg




みじか〜い前足は、必ず『X!』
e0123299_043138.jpg




みじか〜い後ろ足も、必ず『X!』
e0123299_0433838.jpg
(爪先にドロが付いてる・・・良く洗ってなかったのがバレバレ)
(尻毛も伸びてきたなぁ〜、そろそろカットしなくちゃだなぁ〜)



他所のコーギーさんは、ヘソ天のようですが、くるみは身体的な不都合があるのか、自らヘソ天は致しません。



そして、気がつくと、北枕で寝ています。



どうやら、北枕を嫌がるのは日本人特有のもの。
西洋の方々は、北枕の方が疲れがとれたり、良い眠りを与えてくれると言います。
これは、学術的にも証明されているようです。
ワンたちは、教えなくても分かっているんですねぇ〜。




[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-16 00:57 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ♪わんこ家族くるみのお話♪・・・くるみの場合   

今日くるみは、フィラリア予防薬を飲む日。
e0123299_23562086.jpg

生まれた年から、このお薬を服用しています。
お肉の味がするお薬もあるそうですが(少し高い)、くるみはこの苦い薬を服用してくれます。



そして、こ〜んな風に、お薬を飲みます。(いや、食べます)





噛み砕いて食べる事を獣医さんに話したら、『えっ?』って言われました。
決して、おいしくはないようです。。。




《くるみのフィラリア記録》

【1年目】・・・何の疑いもなく差し出された薬をペロっと舐め、「カリッコリッ」と音をたて、ゴックン。

【2年目】・・・何の疑いもなく差し出された薬をペロっと舐め、「カリッコリッ」と音をたて、ゴックン。食べた後に、少々疑心暗鬼な表情有り。(何だか騙されているような・・・?)

【3年目】・・・薬を差し出したところで、まず匂いを嗅ぐくるみ。そしてプイッと顔をそむけ突然唸り出した。怒っている・・・。絶対飲むもんかっ!っていう感情が表れている。口をガッチリ閉じてるもんだから、無理矢理口を開ける事も出来ない。こうなったら、どうにかして納得の上、自ら食べてもらうしかない。
私は、くるみにお説教を始めた。
「この薬は、くるみの為に飲むの!」
「これを飲まないと死んじゃうの!」
「いい子は飲むの!」
「おりこうさんは飲むの!」
「飲まない子はおバカ!」
これを延々と5分位続けていたら、唸りながらも近づいてきて、薬をペロっと舐め、「カリッコリッ」と音をたて、ゴックン。その後も唸っていたけど。。。

【4年目】・・・唸りながら、差し出された薬をペロっと舐め、「カリッコリッ」と音をたて、ゴックン。

【5年目】・・・唸る事もなく、差し出された薬をペロっと舐め、「カリッコリッ」と音をたて、ゴックン。

本人(犬)分かってるんですねぇ〜。
この薬は、とっても美味しくないけど、飼い主が差し出してくれるんだから毒ではない。そして、この薬は、どんな事があっても飲まなくちゃいけないんだって。
だから、お薬の後は、ちょっとだけご褒美です☆(今日はバナナ♪)
[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-11 23:48 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(24)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ♪わんこ家族くるみのお話♪・・・季節柄   



くるみは洋服がちっとも似合わない。。。



普通、飼い主なら、

「うちの子かわいいでしょう〜♡」

何て言って、ブリブリにおめかしさせるのだろうけど
似合わないものは仕方がない。



実は、くるみが幼少の頃に、洋服を着せてみた事がある。

でも、やっぱり似合わない。。。




洋服の選び方が良くないのか?

いやいや、これでいいのだ!


くるみは自然児! 犬犬らしく!

(それに、家計も圧迫されないで済む)



という訳で、それ以来くるみに洋服を着せる事はなかった。





が、いつも困るのがの日や、雨上がりでのサンポ


草むらが大好きなくるみは、毎回お腹と前足が泥んこ状態



でも、レインコートって結構お値段もするし、適当に買っても、もしくるみの体系に合わなかったら無駄になっちゃうので、買うのを渋っていた。



先日、「親戚さんいらっしゃい」の、親戚さんのHPを覗いていたら、なななんとリーズナブルなレインコートを発見!


めでたく、くるみのレインウエアを新調する運びとなりました。(パチパチ〜)






くるた〜ん、おいで〜♪
くるたんのお洋服だよぉ〜

えっ☆ なになに?
e0123299_14415551.jpg
e0123299_14421310.jpg
e0123299_14424490.jpg




着てみる?

えっ?

実は、くるみは洋服がきらいらしい。
そこを無理矢理・・・。



まずはエプロンから!
頭通して、前足入れてっと!

はい、でっきあっがりぃ〜
e0123299_14494092.jpg
うぅぅぅぅ〜。。。



首のところは、伸ばしてお耳カバーにするのかな?
e0123299_1451164.jpg

うぅぅぅぅ〜。。。
(汗)つらそうだから、やめておこうね。



じゃぁ〜お次は、マントを着てみよう!
e0123299_14525967.jpg

うぅぅぅぅ〜。。。



ず〜っと唸り続けながらも、カメラを向けるとじっとしているくるみでした。

カメラには慣れてきたらしい。
(不服そうな表情が気にはなるけど)

でも、洋服には慣れないらしい。。。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-04 15:09 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(11)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 巣立ち   

こんなところにつばめが巣を作りました。
何と、蛍光灯の上です。
随分と大きくなりました。
e0123299_03110100.jpg




向かいで親つばめが、子つばめをじっと見ています。
子つばめと会話をしたり、飛び方を教える仕草をします。
e0123299_0314170.jpg




昨日まで、子つばめは4羽いました。
今日は3羽しかいません。
どうやら、一番の食いしん坊は、一足先に巣立ったようです。
e0123299_032731.jpg

[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-03 00:39 | やさしい時間 | Comments(10)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶83》・・・南イタリア   



 イタリア滞在中の八月のバカンスには、知人の別荘がある南イタリアのオートラントという海辺の街で過ごすのが習慣でした。
 日本人の私にとって、オートラントは遊べるところがあまりなく、アドリア海に面した波のあまり来ない砂浜で、退屈な時間の多くを過ごしていました。
 知人のおじいちゃんは、そんなオートラントの入り江に面した家に一人で住んでおり、私は一日に一度は必ずおじいちゃんの家にカードをしに行きました。時には一日の半分をおじいちゃんの家のバルコニーで過ごす事もありました。もっぱら私たちの遊びはスコーパーというイタリアのカードゲームで、私は負けるのが悔しくて、おじいちゃんを相手に勝つまでは延々と挑戦し続けたものでした。

 ある日、夕方までスコーパーをしていた時のこと・・・。おじいちゃんの手がふいに止まり、夕焼けで朱色に染まった海を観ながら呟くように話し始めました。

  きょうこ、何てきれいな海なんだろう。
  私は一日中海を見続けていても飽きる事がないんだ。
  朝日できらめく一日の始まりを告げる海の色・・・
  眩しいくらいのエメラルドグリーンに輝く昼間の海の色・・・
  月の灯りがゆらめく漆黒の海の色・・・
  グレー色した哀しげな雨の日の海の色・・・
  復活祭が過ぎると、若者たちはまだ少し肌寒い海に入り始める。
  若者たちを迎える春の陽気な海の色・・・
  海の色は毎日同じ色がないんだ。
  一分たりとも同じ色をしていないんだ。

 そう言って、おじいちゃんは嬉しそうに遠くの海を見ていました。

 私の脳裏には今でも時折、バルコニーでロッキングチェアに揺られ、美しく朱色に染まった海を見つめるおじいちゃんの姿が浮かぶのです。
 それはまるで映画のワンシーンのように・・・。



e0123299_2214555.jpg
1986/8月撮影
おじいちゃんが見ていた風景
本当にキレイです。




この記事は、昨年アップしたものです。

今日は、気持ちいいくらいのお天気で、すがすがしい風が吹いていました。
今日のような天気の日は、南イタリアを思い出します。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-07-02 02:00 | 心に残る風景 | Comments(10)