無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶94》・・・何だか似てる   


みなさんご存知のように、
イタリアはブーツの形をした細長い国です。


国の三方が海に囲まれ、一方はヨーロッパの諸国と繋がっています。
イタリア人に、日本の事を訪ねると
『自分たちの国と同じように、海に囲まれた細長い国だよね』と言います。
e0123299_082283.jpg



むかしむかし、日本の都は京都にありました。

むかしむかしから、イタリアの都はローマにありました。
e0123299_084312.jpg



現在、日本の経済の中心は北上し、東京へ。
そして、イタリアの経済の中心も北上し、ミラノへ。



ミラノ人は『ミラノが首都であるべきだ』と言います。
ローマ人は『ミラノなんてイタリアらしくないじゃないか』と言います。
そして、『経済の中心もローマに移せ』とローマ人は言うのです。

e0123299_09137.jpg




京都の人は、経済の中心を京都に移せとは言わないと思いますが、
何だか似てる。。。



e0123299_09161.jpg


今、ちょっとばかし話題のヴァチカンの画像です。
上3枚は、ヴァチカン美術館の回廊です。
4枚目は、ヴァチカンの警察と言った方がいいでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、
ヴァチカンはローマの街中にある一つの小国なのです。
ヴァチカン市国の中には、
サンピエトロ寺院(ローマ法王がいるところ)と、ヴァチカン美術館があります。
ストライプのコスチュームを着た警察官は、スイス人だと聞きました。
観光客向けではなく、普通にこの姿でお仕事をしているって感じです。



イタリアは今、カーニヴァルの時期です。
パン屋さんのウインドーもカーニヴァルのマスクをパンで焼いて・・・。
e0123299_2494976.jpg

この画像は、現在ローマにいる私の従妹がメールで送ってくれました。
でも、これはディスプレー用で、実際に顔にはつけないと思いますが。。。
[PR]

by sole-e-luna | 2009-02-26 00:41 | 《イタリアの記憶》 | Comments(12)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶72》・・・素敵な慣習   


最近、思うようにブログの更新も出来ないまま、あっと言う間に一日が過ぎていきます。
もしかして、私の回りだけ時が早く流れてる???
気がついたらおばあさん、、、な〜んて事にならないといいけど(汗)



先ほど、『土曜日の朝ごパン』さんのブログを訪ねたら、とぉ〜っても素敵なミモザで溢れていて、とぉ〜ってもやさしい気持ちをいただきました。ミモザ祭りだ~♪
ありがとうございま〜す(●^o^●)


・・・、そう言えば、私も以前にミモザのお話をアップした事を思い出し、再度日付を変えてアップし直しました。
ちょっと手抜き更新(汗)
既に読んでいただいている方には、ごめんなさいです。




《イタリアの記憶》春の訪れの思いで

イタリアには日本にない“素敵なお祝いDAY”があります。
寒い冬と春がバトンタッチし、街のお花やさんが色とりどりの花々でうめつくされる頃、その日がやってきます。


3月8日【Giorno della donna】( ジォルノ デッラ ドンナ)・・・女性の日です。その日だけは、街中のお店・レストランが、ミモザで作った10cm位のミニブーケを沢山用意し、お買物や食事をしてくれた全ての女性客に「小さなプレゼントをどうぞ」と言って渡してくれます。その夜、女性がいる家の食卓には、小さな花瓶に戴いたミモザが飾られるのです。

e0123299_1548110.jpg 日本でミモザを見る事はあまりないと思いますが、5ミリ位の黄色い綿のようなお花がミモザです。細い枝に黄色いお花を沢山付けています。黄色のお花は春を告げる代表なのでしょう。また、日本同様、幸せを運んでくれる花なのかもしれません。

3月8日、イタリアは黄色に彩られます。そして、たくさんの人が全ての女性を祝福してくれます。もちろん知らない人も祝福してくれるんですよ。「女性で良かった」と嬉しくなる一日です。





《余談》
そう言えば、男性の日は無かったような・・・イタリアは女性を大切にする国のようです。
(男性の日があったらゴメンナサイ)




[PR]

by sole-e-luna | 2009-02-18 00:30 | 素敵な慣習 | Comments(26)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶93》・・・VW   

当時のイタリア人にとって、車は単なる足代わり。
だから、動けばヨシ!
外見が汚れていても関係ない。

街の中で、洗車したてのキレイな車を見かける事は殆どありませんでした。

年に一度、日本に帰国する度に、『日本の車はピッカピッカだな〜』と感心したものです。

日本の車は、外見もキレイですが、中には車内の中もまるで移動部屋かのように装飾されている車を見かけたりしますが、イタリアでそういった車を見かける事は、まず有り得ません。
何故なら・・・、車内の物を盗まれるからです。


イタリアに行って早々に驚いた習慣。
『車から出る時は、オーディオセットを外して持って出る事!』
(オーディオセットって、簡単に外せるんだ〜。。。と言うのが最初の感想)
車から降りる時、車の中には何も置きっぱなしにしない事が、原則なんです。
ロックされている車内の中に、何か置いてあった場合、窓を割られる危険性があります。



私はミラノで車を持ってはいませんでしたが、ドイツ人の車に乗せてもらう事がよくありました。

彼女は、パパに買ってもらった車を、ドイツから乗ってきていました。

彼女が乗っていた車はヴォルクスワーゲンの紺のカブリオレ。
e0123299_23191563.jpg


昼間はオープンにして・・・、暗くなるとホロを閉めて・・・、
「キョウコ、ドアロックを確認して!開いていると、信号で止まった時に外から開けられるかもしれないから」などと何度も注意をされて。。。


イタリアで乗ったヴォルクスワーゲンの記憶があまりにも鮮明で、
「私も車を所有する事があったらヴォルクスワーゲンがいいな♪」
と、決めていたのです。



約15年前、田舎暮らしを初めて、最初に購入したのはヴォルクスワーゲンのゴルフでした。
2年落ちの限定車でしたが、乗り初めて1年後、エアコンのコンプレッサーが炎上。
多数の諭吉の卒業を見送り修理したのも束の間、更に2年後にはミッションが壊れ、買い替えを余儀なくされる事に。。。


浮気心からローバーに買い替えました。
ディーラーにあった1年落ちの試乗車でしたが、約3年後、やはりミッションが壊れ、修理すると40万だとか。。。


一ヶ月考えて、考えて、決断したのは、やはりヴォルクスワーゲンにしようと言う事。
今までの車は中古と新古車だったので、今回は思い切って新車にしよう。
そこで予算的に可能なのは『POLO』。。。


私の車選びのモットーは、第一に命の安全なんです。
運転にまるで自信がない私は、仮にぶつかったとしても命の保証をしてくれる車でないとダメなんです。
一台目のゴルフは、車体がどっしりと重い感じで、ドアも頑丈でしたが、2台目のローバーは、強風が吹いただけで飛ばされそうでした。




約8年前に私の下にやってきたPOLO
カブリオレじゃないけど、あの時と同じ紺色。
e0123299_2338524.jpg


先日こんな走行距離になりました。
e0123299_23324681.jpg

今まで、多少の不具合はあったものの、大きな修理をした事もなく、この間にタイヤの取り替えも1度だけ。
大当たりの車です。
『ヴォルクスワーゲン ポロ』が、今や『ボロクソワーゲン ボロ』になってしまいましたが、ドイツ人の『物を大切にする気持ち』を継承して、乗れる所までは乗りたいなって思ってます。

e0123299_23381154.jpg
助手席の乗り心地もいいみたいですしね。


《余談》
イタリアでは、購入早々に物が壊れたりすると『これは金曜日に作られたのね』と言います。
土日が休みの会社が多いから、金曜日は上の空で仕事をしているって事。←これって日本では有り得ないですよね。


ちなみに、10年前くらいから、ミラノもきれいに洗車されている車が多くなりましたよ。
[PR]

by sole-e-luna | 2009-02-07 00:10 | 生活/言葉 | Comments(14)