無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 Manca di te...くるみ   

何なんでしょうか、この感情はね〜。。。


くるみが生きている時よりも、くるみを思う時間が、断然長いです。


初七日の日に、動物病院からハガキが届きました。


ワンちゃんと猫ちゃんのイラストと共に書いてあったのは・・・

「私たちは、いつもあなたの心の中にいる」



心は心臓ではなく脳なので、私の頭の中は、くるみで溢れている状態???(笑)


先日、父が「おまえがくるみを庭に埋葬したから、忘れられない!」と、怒っていました。


いやいや、どこに埋葬しようが、忘れられないですから(笑)



英語で言うなら『I MissYou』でしょうか。


イタリア語で言うなら『Molto Molto Manca di te kurumiiiiiiiiiiii』

悲しいとか、哀しいとか、寂しいとかって感情とは、ニュアンスがちょっと違う。

『くるみ。。。私の人生に、貴方が足りないの。。。』(伊訳)





去年の夏の終わりに、初めての海に行ったね〜

広い広い砂浜にもびっくりしないで

ざぶ〜ん、ざぶ〜ん、と来る波に、びびりもしないで

この日は、台風が来ていて、遊泳どころか、水際に行くのも禁止で

でも、お母さんは、本当は、くるみを海で泳がせてみたかったんだよ

暑い一日だったけど、楽しかったよね
e0123299_2333364.jpg
e0123299_23325072.jpg




先週、勇気を振り絞って、ペットショップに行ってみました。

レッド&ホワイトのコーギーがいましたが、知らんぷりをされました。

ちっとも目を合わせてくれません。

・・・我が家には、来たくないのね・・・


その後、白柴くんと、ミニチュアダックスに、がん見されました。

純粋な、濁りのない瞳で、じっと見つめられてしまい、少〜しだけ、心が揺らいだのでした。
[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-31 23:41 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 いつも一緒   

今日は、久しぶりの晴天。

朝から、お洗濯を沢山しました。




早いもので、くるみが天使になって、10日も経ってしまいました。


亡くなった日の夕方、動物病院に挨拶をしてきました。

くるみを迎える少し前に開業した動物病院で、評判がいいのか、遠方からも患畜さんが沢山来てます。

初めてくるみを動物病院に連れて行った日の事を、今でも鮮明に覚えています。
まだ900グラムしかなくて、耳も立っていない生後40日くらいのくるみを片手に抱いた私。
受け付けにいた獣医師さんは、満面の笑みで「かっわいいなぁ〜、コーギーちゃんですね〜」って。
当たり前の事ですが、この人、本当に動物が好きなんだな〜と感じました。

あれから12年。
獣医師から「くるみちゃんは、最後まで本当によく頑張りました。ご家族から沢山の愛情を注がれて、幸せだったと思いますよ」とのお言葉をいただきました。
獣医師さんも、悔しかったと思います。
治してあげたいけど、治療法がなかったから。
本来なら、低酸素により、痙攣や失神を起こす可能性があったんですが、くるみは最後まで、そういった症状で苦しむ事はありませんでした。


亡くなった2日後の夜は、主人と実家に行き、数日前にくるみと一緒に食べたお寿司を買ってきて、両親とくるみの話しをしながら食べました。
くるみと出会った日。
くるみの小さかった頃の話し。
あっと言う間の12年と3か月。


亡くなってからは毎日毎日、起きた瞬間にくるみを思い出し、一日中くるみの事を考える日々が続きました。

でも、初七日を迎えたら、涙がピタッと止まったんです。
何となくですが、くるみが前に進んで行ったような気がします。
白いお尻を振りながら、私の前を一人で歩いて、そして振り返って「お母さん、ありがとう。くるたん、行くね♪」って。
もっともっと生きて欲しかったけど、くるみは天寿を全うしたのかもしれません。

今は、日に何度も、写真のくるみとお話をします。
いつもくるみが一緒にいる感じです。




実家では、両親が寂しそうにしてます。
父は、「俺は、犬はもう飼えないけど、お前たちが飼うなら、面倒はいくらでも見てあげる」と言います。
ご近所の方が「一緒に暮らしている孫より、犬の方が可愛い」と言っているとか。

80歳の両親が、いつまでも元気でいられるように、考えないといけません。




[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-18 13:25 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 あたたかい お気持ち   

いただいたコメントに、お返事が書けないまま、今日になってしまいました。

コメントを下さったみな様、ありがとうございます。



今朝、ブログのお友達さん達から、くるみへのお花が届きました。

くるみが一番似合う、『赤』のブリザーブドフラワーです。

やさしいメッセージが、ついていました。

心から、心から、本当にありがとうございます。
e0123299_18381566.jpg






5月の定期検診で、獣医師から病気の事を知らされ、少しは、覚悟がありました。

もしも、亡くなったら、火葬にして、数年経って気持ちが落ち着いたら、お庭にお骨を埋めてあげようって。。。

でも、いざ、その時が来たら、くるみを火葬場に連れて行くのがいやでいやで。

くるみは、お出かけが大好きだったけど

亡くなる前日まで、毎日毎日キライな動物病院に連れて行かれて

私は、もう、くるみを、家から出したくなかったんです。

くるみは、おうちが大好きで、立派な番犬で

だから、いつも、じぃとばぁがいる、居間がよく見える場所に、埋葬してあげる事にしました。





くるみが亡くなった日は、夕方からやさしい雨が降り初めて

まるで「お母さん、ごめんね。くるたん、もうじぃとばぁを守れなくなっちゃった」って、くるみが泣いているようで。。。せつなくて、せつなくて。

私は、毎回実家に帰ると、くるみに「じぃとばぁを、よろしくね」って、声をかけてたから。




毎朝、一番に、父がくるみにお線香を1本あげてくれています。

その後に、母が、私と主人の分をあわせて、お線香を3本あげてくれています。

私も、毎日、夕方頃には実家に行き、お線香をあげてきています。




亡くなって、4日が経ちますが、今、くるたんは、実家の居間にいるような感じがします。


お目目をキラキラさせて、両方の耳を、色んな方向に向けて、もしかしたら貰えるかもしれないおやつを待っているような気がします。
e0123299_1837587.jpg

[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-12 19:10 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 くるたん、おうちに来てくれて、ありがとう   

今朝、9時過ぎに、くるたんが、天使になりました。

苦しむ事なく、眠るように旅立ちました。

私が駆けつけた時は、まだ温かくて、お鼻の頭も濡れていて、生きているようでした。


くるみは、本当に頭の良い子でした。
私たち人間の方が、いつもくるみに助けてもらっていました。
感謝のしょうがありません。


くるたん、
おうちに来てくれて、本当に、本当に、ありがとうね。



みなさん、
ずいぶんと、ご心配をかけてしまい、申し訳ありませんでした。
そして、応援、ありがとうございました。
心から、感謝いたします。




[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-08 11:07 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ふり出し?   

昨日は、いいブツを出し、夕ご飯は今まで以上に食べてくれたのに、今日は、朝から何にも興味を示さなくなってしまいました。

私が病院から帰ると、ぐったり横になっているくるみ。
歩行も出来ない状態でした。

すぐに動物病院に連れていくと、若干呼吸が荒く、眼球に震えが見えると言われました。
原因は、貧血の悪化か、尿毒症が疑われるとの事。

昨日は、病院がお休みだった為、お薬をご飯に絡めて飲ませましたが、お注射の方が、効果が強いんだそうです。

病院から帰って、1時間ほどで、呼吸が落ち着いてきたように感じました。
若干、目がうつろですが、脳内の酸素が足りないから、仕方ないんでしょうね。
悲しいけど。
でもって、今日は、少し気圧が下がったから、空気中の酸素量も、少なかったと思います。
今日の夜は、ばぁが、くるみと寝てくれています。
一晩様子を見て、くるみの命がつながっていたら、数日間、うちのアパートで看ようかと思ってます。

また、くるみの笑顔が見れる事を信じて。
諦めない。
諦めない。


ちなみに、私の検査結果ですが、白血球は減少しちゃいましたが、免疫の数値は基準値内だったので、大丈夫でした。
私の場合、何かあると、てき面に白血球が減少するんですよね〜(;^_^A


[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-08 00:22 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 がんばって、がんばって、   

6月30日
食欲がなくなり、むくみが酷かった為、利尿剤とステロイド10ミリの皮下注射を行ったくるみ。
翌日は、ご飯が食べられるようになり、うんPとシーの為のお散歩も出来るようになりました。


が、、、


7月2日
夕方のお散歩で倒れてしまいました。
たまたま、私が仕事が終わって実家に向かっている時で、門まで10メートルのところで倒れてしまい、速攻動物病院に。
くるみの心臓は、ばくばく状態で、獣医師からは「命を落としていても不思議ではない」と言われました。
利尿剤とステロイド10ミリを、念の為注射してもらい、帰宅。
いつ、心臓発作が起きてもおかしくない状態でした。



7月3日
暑い一日でした。
くるみは息苦しそうにしていました。
でも、命は繋がっています。
朝も、少量ではあっても、ご飯を食べたそうです。
夕方、動物病院に連れていき、採血と検温。
体温の上昇はなかった為、熱中症は大丈夫。
が、ヘマトクリットが10%まで下がっていました。
約一ヶ月、基準値の半分である20%をキープしていたのに、倒れたのをきっかけに、一気に下がってしまいました。
8%で生きているワンちゃんは、まずいないと、獣医師から言われました
出来る治療法として輸血があるのですが、現在、犬の血は売っていないとの事。



犬の血???
随分前は、献血用の大型犬を何頭も飼育して、犬の血を販売していた会社があったのだそうです。
それは、どうなの???????と、私自身は思ってしまったのですが。
現在、動物病院によっては、献血用のワンちゃんを飼っているところもあるようですが、くるみの掛かり付けに、献血犬はいません。
また、仮に輸血をしたとしても、根本的な治療ではない為、効果は1週間くらいのようです。



7月4日
茶の間にエアコンを入れて、終日横になって、安静を保つように過ごしました。
少し、舌が、ピンクになったように感じます。
コギスタに載っていた、マッサージをしてあげました。
夕方、動物病院で、利尿剤とステロイド10ミリを注射。



7月5日
涼しい一日でした。
気圧も少し高くなりました(気圧が高いと、空気中の酸素量が増えます)
くるみは立って、シッポを振って、お迎えしてくれました。
くるみの呼吸が、楽そうです。
朝ご飯は、唯一、ウインナーに興味を示したようで、ウインナーを5本も食べたそうです。
もう、こうなったら、添加物なんて気にしてはいられません。
食べてくれれば、何でもOKです。
マッサージの効果があったのか、朝は立派なウンPを2回もしたそうです。
夕方、動物病院で、利尿剤とステロイド10ミリを注射。
我々の夕ご飯を回転寿しで買ってきて、4人で食べていたら、くるみが興味を示し、卵のお寿司をぱくぱく食べてくれました。



赤血球を増やす為に、何か出来ないか。。。
ヘマトクリットが15%まであがれば、造血ざいが打てます。
ネットで調べてヒットしたのが、ビタミンB12と葉酸をタンパク質と一緒に摂取する事。
何と、卵の黄身には、ビタミンB12と葉酸の両方が入ってる!!!
早速、ゆで卵をつぶしたのと、鳥のささみを茹でた物を用意しました。



7月6日
涼しい一日。
気圧も5日同様に、高めです。
今日は、動物病院が休診の為、利尿剤とステロイド5ミリのお薬を、何としてでも食べてもらわないと困ります。
くるみは、茶の間で、フセの状態で、外を見てました。
身体が辛い時は、横になってしまうのに、フセの状態とは、少し気分がいい???
朝ご飯は、ウインナーはもうダメで、ハムを5枚くらい食べたとの事。
午後、また、マッサージをしてあげてました。
足首のマッサージは、特に気持ち良さそうで、目を細めてくれます。
4時頃、うんPとシーをして、さて、ご飯と薬だ〜!
ゆで卵に興味を示してくれたので、薬にゆで卵を絡めて、無事完食☆
併せて、ささみ一本も、食いつき良く完食☆
まだ何か食べたそうだったので、ハムを見せたら、2枚食べてくれました。
顔つきも、少し笑顔が出てきました。



くるみ、12歳4ヶ月。
獣医師は、赤血球を作る機能だけが、老化してしまったのだ、と言います。
私自身も、色々調べましたが、くるみは、再生不良貧血でも、溶血でもないんです。
ただ、赤血球が少ない。
赤血球は、全身に酸素を送る役目をしているので、今のくるみは、酸欠状態が続いています。
分かりやすく言えば、高山病のような症状。
きっと、頭も痛いんだろうな。。。と、思います。
ステロイドには、興奮作用があり、過食になる為、食欲がなくなったくるみには、投与せざるを得ませんでした。
赤血球の減少を、ステロイドが抑えてくれている可能性も考えられると、獣医師は言います。



ステロイド、、、
私も服用しているので、作用から副作用まで、分かっています。
今後、赤血球が上がってきたとして、その後に待っているのが副作用。
でも、今は、くるみが苦しくない状態を保ってあげるのが、先決だと考えて、一日一日を繋いでいきたいと思います。



最後に、、、
あ〜〜〜〜〜。
明日は、私の大学病院受診日。
数値が悪かったら、どうしましょ(-_-;)




今日のくるみ
e0123299_2014466.jpg

[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-06 20:26 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(4)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 利尿剤   

火曜日は、じいの病院のお付き合いをしてきました。
病院から帰って、くるみを遅めの散歩に連れ出し、いいブツを出し、シーも沢山してくれました。
私が帰りがけに買ってきた美味しい食パンの耳は、全て完食☆
まずまず、元気だわ〜


と、思っていたのに、今日の夕方、実家に行ったら、歩くのも辛そうなくるみ。
どうにか食べてくれるのは、ジャーキーだけ。
動くのも、やっとって、感じだったので、すぐ動物病院に連れていきました。

まず、体重を計ってビックリ☆
約10日前、8.9キロしかなかったのに、今日は10.1キロもある(>_<)
人間に換算したら、10日で5キロも体重が増えたのと同じ(>_<)

ご飯は、やっとの思いで食べてるくらいなのに、お腹がぱんぱんで〜
原因は、貧血からくる浮腫みだそうです。

今日は、利尿剤と、食欲の出るお注射をしてもらってきました。

早くおしっこが沢山出て、身体が軽くなるといいのだけど、、、

またまたくるみママ、聞き忘れ(>_<)
「お注射の効果は、どれ位で表れますか?」


[PR]

by sole-e-luna | 2016-07-01 00:04 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(4)