無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶102》・・・ちから餅   




海外で一人暮らしをしていると、
否応無しちから餅になる。
海外ブロガーの方は、『うんうん』と頷いている筈。。。



イタリアから日本に帰国する際の荷物は10キロ位なのに、
毎回帰りの荷物は、その何倍にもなってしまう。
日本でしか手に入らないものを、あれもこれも持ち帰りたくなるのである。



e0123299_1594976.jpg




エコノミークラスの個人旅行で、一人が預けられる荷物は20キロ。
団体であれば、多少の超過は大目に見てくれるらしいが、
個人の場合はシビアである。
昔のスーツケースは重く、スーツケースだけでも5キロはあったかもしれない。
という事は、イタリアに持ち帰れる荷物は正味が15キロ。



成田でのチェックイン時、
『善良な小市民です』
と言わんばかりの笑顔を見せれば、
25キロくらいまでならスルーしてくれる事も多い。
但し、チェックイン係が男性の場合に限る。
女性の場合は手厳しかったりする。



e0123299_201445.jpg





1度目の帰国の際、あれやこれやと荷物が増え続け、
気がついたら特大のスーツケース一つと、

特大ナイロンバッグが二つになってしまった。

スーツケースの中身は、自分の衣類と仕事に使う道具や本。
一つのナイロンバッグにも、仕事で使う道具や文房具。
もう一つのナイロンバッグには、日本のシャンプーや食材。


都内の友人宅にお世話になっていた私は、帰国当日、
4階の友人宅から1階まで、三個の荷物を下ろすのにも一苦労し、
やっとの思いでタクシーを停め、
箱崎のエアポートリムジン乗り場へと向ったのである。




e0123299_2043100.jpg





《箱崎エアポートリムジン乗り場》

箱崎に着き、タクシーの運転手さんに、荷物を下ろしてもらい、
私はナイロンバッグを肩にかけ、もう一つのナイロンバッグをスーツケースに乗せた。
ところが、『さて、行くか!』と思っても、
スーツケースが動かない。
スーツケースのキャスターが思うように動かないのである。
『う〜ん、カートを借りなくちゃ無理だわ。。。』



カート置き場に行くと、親切なおじさんが私の荷物を全てカートに乗せてくれた。

おじさん『お客さ〜ん、これから出発なのに、こんなに荷物を持ってたら、         帰りにお土産が買えなくなっちゃうよ?』
私   『いえ、私はこれからイタリアに帰るので、こんなに荷物が多く          なっちゃったんです〜』
おじさん『そうなの、こりゃ〜大変だ〜』





エアポートリムジンに乗って成田に着いた私は、いち早くカートを探し、リムジンから降ろしてくれた自分の荷物を今度は全て自分でカートにのせ、チェックインカウンターに向ったのである。



e0123299_211048.jpg





《成田チェックイン》
カウンターの係=女性2名

私はチケットを渡し、三個の荷物をハカリに乗せた。

係『お客様〜、お荷物が全部で80キロありますので、
   60キロオーバー になります。
  追加料金が約30万円かかりますが宜しいでしょうか?』


『えっ、えっえ〜?』



スーツケースだけで40キロだったらしい。
ナイロンバッグはそれぞれが、20キロずつもあったらしい。



スーツケースは、開けたら最後、閉まらないくらいにパンパンに入っている。
空港内でスーツケースを開ける勇気が私にはない。
スーツケース分の超過料金20キロ分の10万円は払うしかないな。。。
仕事の道具が入っているナイロンバッグ20キロは、手持ちにするか。
手持ちにするのも預けるのも、飛行機に乗せるのに変わりはないのだが、手持ちであれば料金はとられないし。
人ひとり入りそうなナイロンバッグだけど、いかにも軽そうに見せるしかない。
もう一つのナイロンバッグ(シャンプーやら食材)は、東京の会社に送って、みんなに使ってもらおう。。。(涙)



e0123299_213226.jpg





《超過料金の支払い窓口にて》
約10万円の支払い。
当時、クレジットカードは一般的ではなく(大金持ちしか持っていなかった)、
私はイタリアのリラ紙幣で支払おうと思ったのだが。
何と、リラでの支払いは100,000リラ紙幣(約8,000円)は、受け付けてくれず、50,000リラ紙幣(約4,000円)までしか取り扱いが出来ないとのこと。

これからイタリアに帰るのに日本円は必要ない為、銀行に預けてしまって殆ど持ち合わせがなく、結局小銭までかき集めて、リラと円を併せて、どうにか10万円分を支払ったのである。
今であれば、カードでも支払えるし、成田のチェンジでリラを円に変える事も出来ただろうけど。。。



が、20キロのナイロンバッグを抱えてのイタリア帰国は、大変なものだったのであ〜る。
当時のミラノの空港は、タラップを下りて、空港内のバスに乗りかえて・・・、
と、ふらっふらっによろめきながらの帰国となったのであった。
軽そうなバッグに見せかける事は全く出来なかったのである





でも、でも、私は、飛行機会社に対し、
声を大にして言いたい!



80キロの人でも、荷物は20キロ乗せられるんでしょう
一人分の合計は100キロじゃないの。



だったら、当時約48キロの私は、52キロ分の荷物を預けたっていいじゃない!(まぁ、この時は80キロもあったけど)
荷物を計量する際、人間の体重も併せて
計ってもらいたいものだわ。021.gif021.gif021.gif





こうやって、海外で暮ら日本人は、ちから餅になっていくのです。


その後の帰国時からは、キャリーを購入し、毎回15キロくらいの荷物(食料等)を手持ちにしたのでした。034.gif

ちなみに私の友人は、日本からイタリアに帰る際、毎回10キロのお米を抱えて帰ってきます。
[PR]

by sole-e-luna | 2009-11-23 02:09 | 生活/言葉 | Comments(14)

Commented by shiningcorgies at 2009-11-23 07:37
ちょっと待ってください~(@_@;)
30万円??? 3万円の間違いではないのですか~(@_@;)
私も45キロとか、ダイビング旅行では当たり前に詰め込んでたりしましたけど、超過料金何万も払った記憶さえありません(-_-;)
航空会社によって違う???
未だに20キロ上限のところ、25キロとか当たり前に入れてますが
超過料金払ったことは1度あったかないか位にラッキー(?)です(^^;)

つめすぎたスーツケースは空港では開けられないですよねぇ(-_-;)
でも、開けざるを得なかった経験もあり、タクシー運転手も腰を抜かす荷物だった経験もあり、常日頃私のスーツケースには”Heavy"のタグがつけられて出てくるし(^^;) (小さいスーツケースなのにやけに重いから、仕事で動かす人への警告のためでしょうね^^;)
機内持ち込みが多くて、日本についてから筋肉痛になることもよくありますね(^^;) 
あ。 アメリカ土産は少ないほうなので、くるみママさんとは逆パターンでした(^。^)
Commented by ajisai-junko-mama at 2009-11-23 12:10
ちょっと待ってくださーい^^

自分の体重と・・・荷物の合計が100㌔ですか~?
深刻だわ~(><)
別に、海外旅行の予定は無いんですけど・・・
ローンとエミィ同様、私、おからだけ食べて生きなくてはなりません(涙)
ふぇ~~~ん。。。

そう言えば、昔のスーツケース自体、重かったですよね。
日本食など、たくさん持ち帰りたいですもんね~^^
Commented by syunomama at 2009-11-23 20:49
私もヨーロッパからの帰国で一度28kgになってしまって、
オーバーだって言われてしまいました。
ヨーロッパのカウンターって日本に比べて厳しいですよね。
で、スタッフが言うには、超過料金払うより空港の売店で
ボストンバッグ買うほうが安いから、それを買って機内に持ち込む
ように、って言うのです。

結局バッグを買って、スーツケースの中身を移して機内に
持ち込んだのですが、これってすご~~くおかしな話ですよね。
Commented by cotti610 at 2009-11-23 21:40
すごい重量の荷物ですね~
大変だったことでしょう (^^;)

っていうか、それらを持っていこうとしていたママさんの根性がすごい!
敬服しますが・・・ お役人の決めたルールには
かないませんでしたね~

ボクも、星の写真撮影のため海外に
いつか行きたいと思ってるんですが
機材が重くなってしまうんですよね~
軽量コンパクトな機材のチョイスをしなければならないですね
Commented by mirai-8195 at 2009-11-23 22:16
こんばんは~

げ~海外旅行の際に荷物の料金がかかるのですか?
知りませんでしたよ。海外に行ったことがないもので、ダメですね(涙
しかし、そんな重い荷物を持って機内に入るのも辛いですよね~。
荷物代で10万も払うなんて考えられませんよ~お金の無い人は
あきらめるようですかね?
みらいは、やっぱり日本でいいのでした(汗
Commented by inzei_com at 2009-11-24 01:42
こんばんは。

しゅうままさんと同じです。
去年、長女の卒業式に行って帰ってくる時、LAで重量超過をしっかりチェックされました。
大きいスーツケースに30kg×2個ぐらい入っていたのです。
そこで、スーツケースからナイロン製のバッグ(スポーツバッグぐらいの大きさ)を取り出して、60kgを3つに分けました。
もちろん、空いているカウンターで重さを量りながらでした。
一人当たり23kg×2個まで大丈夫でしたので、ママと二人で23kg×4個までは無料です。
23kgオーバーなら有料でも、23kg未満に分ければ無料というのも、変な話ですね。

力持ちについて。
私もそう思います。長女も、以前より力持ちになったようです。
もちろん、根性も恐ろしく強くなったような気がします。
Commented by corgi-pan at 2009-11-24 22:49
こんばんは。

ちょっと待ってください~。
荷物だけで80キロとな。べらぼうな重さですね。4階のご友人宅から
1階に降ろすときに気が付いてください(笑)。

>荷物を計量する際、人間の体重も併せて計ってもらいたい....。
それ大賛成!そのほうがより合理的ですよね。航空運賃も、体重に
よって差をつけるとか。そう言えば、昔YS11というプロペラ機があって、
飛行機に乗る前に一人一人体重測ってましたね(笑)。
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 01:36
♡ジェレコハままさん
60キロの超過で30万、これホントなんですよ〜。
イタリア帰国前に、荷物がかなり重くなる事は分かっていたんですが、中国から帰ってきた同僚が『超過料金は安いから大丈夫だよ』って言葉を鵜呑みにしていたんです。
国や航空会社によっても違うのでしょうね。。。

これを教訓に、その後からは23キロくらいにおさえるようにしてます。
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 01:44
♡junko-mamaさん
えっ?junko-mamaさん、もしや80キロを越してます???(笑)

この時は、日本製のシャンプーとか、お化粧品とか持って行きたかったのですよ。まだイタリア製の物に慣れていなかったので。
でも、泣く泣く東京の会社に送りました。
その後、優しい同僚がイタリアまでバッグの中味全てを送ってくれたんですよ(^^)

イタリアでは和食を殆ど食べなかったのですが、それでもお醤油や日本酒やお味噌は、年に一回の帰国の際に持ち帰ってました。
あと、缶詰も♪
さんまの蒲焼き缶とか、イワシの味噌煮缶とか(^^)
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 01:49
♡しゅうままさん
EU統合後のヨーロッパは、荷物の超過に厳しくなったように思います。
昔は、30キロを越さなければ楽勝って思ってましたけど、今は23キロくらいまでですね。

それにしても、バッグを買って荷物を入れ替える裏技を、航空会社の人が教えてくれるなんて(笑)
飛行機に乗せる重量は変わらないのに、ホント変な話ですよね。
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 01:56
♡コッチさん
海外で一人暮らしをしていると、逞しくなるんですよ〜(笑)
この時は、仕事で使う本やら、デザイン用紙やら、とにかく紙が多かったのです。
紙って重いんです。スーツケースの半分にA4のコピー用紙が10包み以上入っている感じでした(ーー;)

星の写真ですか☆
素敵ですね〜(^^)
カメラの機材は、手持ちでしょうね〜。
でも、飛行機に搭乗したら、機内の入り口近くに荷物を預けられるスペースがある筈なので、多少重くなっても大丈夫ではないでしょうか?
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 02:03
♡みらいさん
1週間程度の海外旅行なら、20キロの制限内でおさまるんだと思います。
日本に帰ってくる時は、10キロくらいしか荷物はないんですもの(笑)

ちなみに超過料金は、全て会社に請求しましたv(^^)v
だって〜、会社の荷物で重くなったんですもの、当然です。

人が入れるくらいの大きなナイロンバッグを持って、機内の狭い通路を歩くのは、一苦労以上でした。(ーー;)

30才を過ぎた頃から、国内旅行をするようになりました。
もちろん、日本も素敵です♪
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 02:06
♡むーちゃんパパさん
アメリカもパリと同様ですか。
でもって、あいているカウンターの計りまで貸してくれるなんて驚きですね。
預ける荷物の重量記録が、何かに記載されちゃうのでしょうね。
だから、ハンドキャリーにしろと親切に教えてくれるのでしょう。

それにしても、変な話ですいよね〜。
Commented by sole-e-luna at 2009-11-27 02:12
♡パンパパさん
友人宅には、ヘルスメーターがなかったんです。
私の感覚としては、『こりゃ〜かなり重い!』って事だけで(ーー;)

体重と荷物を併せて100キロって、いい考えだと思いませんか?
確かお相撲さんは2席を一人で使うらしいです。
きっと、二人分の航空運賃を払うのでしょうけど。

YS11というプロペラ機って、どこを飛んでいるんですか?
体重が重過ぎて『貴方は乗れません』なんて拒否されたら、悲しいですね。。。
名前
URL
削除用パスワード

<< ♪わんこ家族くるみのお話♪・・... 《イタリアの記憶101》・・・... >>