無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶38》・・・初めてのヴァカンス パート6 1986/8   



《スペイン旅行》

翌日、早朝。
ホテルから歩いて5分くらいの所が、バスツアーの集合場所でした。
重い荷物を抱えて集合場所へ到着すると・・・

おやおや?
何だか、想像と違うぞ。
確か、イタリア人向けのツアーだった筈だけど・・・

そこに集合していたのは、約30人。
アメリカ人の女の子が二人。
イタリア人の女の子が一人。
それ以外は・・・何と、全員がブラジル人!
でもって、ブラジル人はみんな60才代のご夫婦。
そこに、日本人の私・・・。

何ともはや、ヘンテコなツアーの始まりでした。

スペイン人のバスガイドさんは、スペイン語・イタリア語・英語が話せる、大らかなとっても明るい中年女性でしたが、唯一私だけは要注意人物だったらしく(言葉の面で)、諸注意を受ける時もマンツーマンでした。
「キョウコ!明日の朝は7時に出発よ」と、メモ紙に時計の絵を書いて渡してくれたりしました。
確かに、気がついたらキョウコがいない・・・なんて事になったら、ガイドさんの責任ですものね。

バスに乗り込み、まずは一人一人の自己紹介から始まりました。
私はたどたどしいながらも、イタリア語で自己紹介をし、ガイドさんがスペイン語に通訳してくれました。

現地のバス旅行も、日本と同様、ガイドさんが歌を歌ったりします。
ガイドさんの歌は、殆どがスペイン語の代表曲だったと思います。
ブラジルはスペイン語なので、気がつくと、バス中が大合唱になります。
踊り出す人まで出ます。
初めてスペイン語の歌を聞いたアメリカ人やイタリア人や日本人の私ですらも、帰りの頃には一緒に合唱が出来るようになっていました。
(何十年かたった今でも、サビは口ずさめるくらいです)

ガイドさんからの提案で、一人一人、歌の披露をする事になりました。
『何を歌おう・・・歌謡曲しか知らないし、明菜?・・・』なんて思っていたら、
アメリカ人は、「一番アメリカらしい曲を歌います」と言って”オースザンナ”を披露!
イタリア人は、「一番イタリアらしい曲を歌います」と言って”オーソーレミオ”を披露!

えっ?
明菜なんかまずいじゃない。。。
日本らしい曲?
童謡がいいかな・・・?
”さくらさくら”が一番日本らしいかな・・・?
が、思い出してみても、最後まで歌詞を覚えていない事に気づき・・・。
他は・・・?

結局、最後まできちんと歌詞を覚えていたのは
”通りゃんせ”
仕方ない、これを歌うしかない!
かなり暗い歌だけど。。。

マイクを持って歌いだすと、それまで明るかったバスの中が、いきなりシーンとなり、
えっ?みんなが聞き入っているぅ〜。
歌い終わったとき、周りからは「何て素敵なの?」という声まで聞こえてきて・・・

それは、私の歌が上手い下手ではなく、日本独特の雰囲気が感じられたからでしょう。
ある種、欧米人にとっては、ミステリアス?な感じがしたのだと思います。
(あぁ、明菜をセレクトしなくて良かったぁ・・・)
結局、その後もリクエストを受け、バスツアーの間に3回以上は”通りゃんせ”を歌い、それ以外も何曲か童謡を披露する事になったのでした。
(確か、”君が代”も歌ったような・・・)




e0123299_0444550.jpg

[PR]

by sole-e-luna | 2007-07-30 00:45 | 国外旅行 | Comments(2)

Commented by vruocculu at 2007-07-30 19:56
こんばんは!!
日本的な歌・・・民謡はどうだったのかな?
♪ヤーレン、ソーラン、ソーラン、ソーラン、ソーラン。ハイッ!ハイッ!♪
あっダメだ、これしか知らない・・・・。
Commented by sole-e-luna at 2007-08-01 00:47
>vruocculu様
でしょう?
以外と歌詞を覚えていないもんなんですよね〜。。。

海外で、外国人に囲まれた生活を送る予定の人は、是非、日本らしい歌を何曲か覚えてから行く事をお勧めします、です。
名前
URL
削除用パスワード

<< 《イタリアの記憶39》・・・初... 《イタリアの記憶37》・・・初... >>