無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶67》・・・MIRA   



滞在1年目頃から私のアシスタントをしてくれていたレバノン人のMIRA。
彼女は私と同い年。
ミラノで有名な服飾学校の「マランゴーニ」を卒業し、私のアシスタントになってくれた女の子。

彼女は、アラブ語・フランス語・イタリア語と、少しの英語を話す。
彼女のイタリア語はたいへんすばらしく、外国語訛りは感じられなかった。
顔立ちも、イタリア人と見間違えるくらいだった。



時々彼女は、私の行った事のないレバノンという国のことを話してくれた。
まるで彼女がレバノンのスポークスマンであり、レバノンの代表者であるかのように。

レバノンは細長い国で、片側は地中海に面し、もう片側はシリアに面している。
美しい海と山の両方が楽しめる国だそうだ。

ある日彼女は、レバノンのツーリスト用ガイドブックを私にプレゼントしてくれた。
そのガイドブックに載っている街の写真は琥珀色で古いものだったが、ギリシャを思い出させる歴史的遺跡が多数写っていた。



当時(1980年代)レバノンは内戦中で、ガイドブックにある街並の殆どが戦争で壊されてしまったとのこと。
空襲警報が鳴らない日はなく、目の前で友人が射殺された事もあったと言う。
射殺の理由は、水着の上にTシャツを着て泳いでいたところ、その姿がイヤラシいという理由だけで軍人にいきなり銃を向けられた・・・。
10代の、それもこれから沢山の可能性を持った若者が、そんな理由で命を絶たれるなんて・・・。


全ては宗教が絡んだ争い。
MIRAはイタリアでも、「私は宗教の話はしたくない」と言って固く口を閉ざしていた。
その戦争は既に10年以上も繰り広げられており、年離れたMIRAの弟が生まれた時には戦争が始まっていた。
戦争のない世の中、おだやかな平和な世の中を知らない弟が可哀想だとMIRAは言っていた。



レバノンの家庭では、少しでも経済的に許せるのなら、子供たちを海外に送り出し、勉強をさせているそうだ。
レバノン国内では、十分な勉強がさせられないから。授業中に空襲警報が鳴れば、即座に帰宅・・・という日々だそうだ。


海外に出たレバノン出身の若者は、みな優秀で、医学を学ぶ者、経済を学ぶ者、法律を学ぶ者、建築を学ぶ者・・・が、いざ大学を卒業し海外での就職活動になると、得られる職はブルーカラーが殆ど。。。どんなに優秀でも、ヨーロッパ人は中東の人たちをバカにして見ているのではないかとの事だった。



彼女の仲間たちは、戦争が終わったら、みんなで一斉に帰国し、レバノンを復興するのだと言っていた。
その為には、海外でどんな屈辱を受けようとも、頑張って勉強をし、多くの知識を得、お金を貯め、そして健康でいる事が大切なのだと。



のほほんと幸せの上にあぐらをかいている日本人からは感じられない、芯の強いパワーと輝く眼差しを感じた。


ある日、MIRAの手相を見る機会があった。
悲しくなるくらい、全ての線が細く薄かった。
私は手相をよく知らないが、危険と背中合わせの彼女を物語っているようで切なくなった。



数年後の1990年、レバノンの内戦は終結した。
MIRAたちは、レバノンに帰ったのかな〜と想像していた。
私は、レバノンにある彼女の家の住所を知らない。
「レバノンに手紙を送っても届かないから」と言って、彼女は住所を教えてくれなかったのだ。
それでも、幸せで暮らしていてくれたらそれでいい、と思っていた。
それなのに・・・レバノンはまた内戦が始まっている。



穏やかに暮らしたいと願っていても、叶わない人たちがこの地球には沢山いる。
戦争は、多くの物を奪うけど、決して多くのものは与えてくれないもの。
何度も繰り返しているのに、どうして人間はそんな簡単な事が学べないんだろうか。

e0123299_023237.jpg

私の帰国間近のパーティーの際、MIRAが私に書いてくれたメッセージ

ー覚えてる??
ーKYOKO 疲れた・・・
ー元気を出して がんばって
ーKYOKO どうやったらいいの?
ー・・・試行錯誤しなきゃ
etc...

上記は仕事中、頻繁に私たちが交わした会話です。
彼女は、その言葉をメッセージの冒頭に書いてくれました。
そして最後に『レバノンで会いましょう』と、書いてあります。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-01-30 01:35 | 心に残る風景 | Comments(4)

Commented by Just-Funky at 2008-02-01 01:45
こんにちわ。通りすがりに読ませていただきました。

とても考えさせられるお話ですね。
人間と言うのは学習しないものですね。。
日本人も、もっと意思を強く持って頑張れないものかなぁ、なんて思います。
いつかまたお友達と再会できる日が来るといいですね。

突然のコメント失礼しました。
Commented by sole-e-luna at 2008-02-02 00:10
>Just-Funkyさん
コメントありがとうございます。
どんな経緯で通りすがったのか興味がありますが、よろしかったらまた通りすがって下さい(笑)

幸せだと気がつかない事が沢山あります。幸せでいられることがあたりまえになってしまって、少しの不幸が訪れると他人のせいにしてしまう・・・。
他人のせいにしない人が沢山増えれば良い世の中がうまれるのかなぁ〜?なんて思っています。
Commented by Just-Funky at 2008-02-02 23:47
ホントですね。小さな幸せでも一つ一つ実感できれば、世の中もっと温かくなりそうに思います(^^)

たしか・・・エキサイトの新着日記らへんを徘徊してたのだとww
もしよろしければリンク張って頂けたりしたら嬉しいです。
まぁ・・・僕はたいした日記は書けませんけど。。
Commented by sole-e-luna at 2008-02-03 02:26
>Just-Funkyさん
またまた通りすがっていただきありがとうございます(笑)
あたたかい人の周りには、あたたかい人が集まります☆
リンク・・・。
私、ご近所付き合いに自信がなかったので、閉鎖していたのですが、これを機会に重い腰をあげてリンクを開きました。
『リンク貼りましたよ〜♪』
これからも宜しくお願いします。

名前
URL
削除用パスワード

<< とっても 嬉しい出会い >>