無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶74》・・・GIAPPONE(日本)   

「dove sei?」(君は何人?)
「sono giapponese」(私は日本人です)

出会った人と最初の頃に交わされる会話・・・。


約20年前、日本ではバブルが今まさに始まろうとしている時。
でも、ヨーロッパでは、遠く離れた日本の事を知っている人は決して多くはありませんでした。



「日本とイタリアはさ〜、戦争の時に同盟を結んだんだよね!」
と、まるで自分が当事者のように歴史を語る人がいました。

「日本って確か、イタリアと同じように海に囲まれた細長い国だよね!」

「日本は黒沢がすごい!」
映画監督の黒沢明は有名でした。
私の周りのイタリア人は、映画好きが多かったのです。

「日本って言えば、三島由紀夫の小説を読んだよ!素晴らしいね〜!」
三島由紀夫も有名でした。
三島由紀夫の感性は外国人に近いのではないか?だから、彼の書く小説は外国人に受け入れられるんだと、日本人の友人が言っていました。



イタリアの中でも、私の暮らしたミラノは都会です。
そのミラノであっても日本に対するイメージはこの程度のものでした。
いまだに「日本って、腹切り・サムライ・・・」みたいな事も言われました。


殆どのイタリア人は『Sony』も『TOSHBA』も『National』もアメリカの会社だと思っていたようです。


田舎に行くともっとすごくなります。
私を見るなり、小さい子供が「cinese,cinese」(中国人、中国人)と言って、私の周りを走り回りました。
「私は中国人じゃなくて日本人よ」と言うと「日本ってどこ?」て聞かれました。
これは、決してバカにしているのではないのです。
少し前の時代までは、日本人も外国人を見ると「アメリカ人」と言ったのと同じです。
イタリア人にとって、アジア人=中国人なのです。
アジアにおける、中国の存在の大きさが分ります。
ちなみに、田舎の子供達はアジア人に会えて嬉しかったのです。



それでも、唯一バイク好きなイタリア人にとっては、「HONDA」「YAMAHA」のバイクは有名でした。もちろん日本製と知っています。バイカー達の憧れのようでした。



私は、洋服の仕事をしていましたが、「日本人に西洋の洋服が作れるのか!」と言われた事がありました。
私は侮辱を受けた訳ですが、もし西洋人が着物の反物を織りたいと言ったら、「西洋人に日本の文化が分るのか?」と、思うのではないかと考えたら、言い返す事が出来ませんでした。
洋服の文化が日本にやってきて、そう長くはありません。明治になってやっとです。一般庶民に至っては、昭和になってからでしょう。言い返せる訳がありません。


少しずつ少しずつ、周りの人たちへ日本という国を紹介しました。
私は日本では“いち国民”にすぎませんが、海外に住んでいると日本の代表者になるのです。


《余談》
ヘルメットの会社の社長をしているイタリア人の友人がいました。
彼「今度、日本へヘルメットを輸出する計画があるんだ」
彼「こんな形にしてさ〜、サイドに”SAMURAI”って、ロゴを大きく入れようと思ってるんだ、かっこいいだろう〜。ヒットすると思う?」
私「・・・。」
私「”SAMURAI”は入れない方がいいと思う・・・。」

外国人にとって、日本での一番の有名人?は、サムライかもしれない。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-03-06 02:05 | 物の考え方 | Comments(2)

Commented by corgi-pan at 2008-03-06 09:20
おはようございます。

確かに外人にとって「サムライ」「寿司」「芸者」「ヤクザ」が日本のイメージなんでしょうね。でも日本人にとってイタリアのイメージって何でしょうか。一度もイタリアに行ったことのない私みたいな日本人にとっては、「フェラーリ」「スパゲッティ」「マフィア」かなぁ。
そうやって考えてみると、お互いにまだまだ理解不足なのでしょうね。sole-e-lunaさんみたいに、相手の国に実際に住んでみてみないと、やっぱり理解するというレベルまではいかないのかなぁ。私も外国に住んでみたいと思っている今日この頃であります。
Commented by sole-e-luna at 2008-03-07 00:54
>corgi-panさん
私なんて、イタリアに到着するまで、イタリアの知識は殆どなかったんですよ!知らぬが仏って感じです。日本はまだイタリアブームではなかったし、スパゲッティくらいしか知らなかったかも。。。
でも、旅行と住むのはまるで違います。住むという事は、住む国のルールに自分を合わせないといけない訳で、日本のメンタリティを押し付けても通用しません。だから私は、ブドウの種も桃の皮も食べられるようになったのです(笑)

「フェラーリ」ですか・・・いつかブログに書こうっと!
ネタの提供、ありがとうございますっ!
名前
URL
削除用パスワード

<< 《イタリアの記憶75》・・・G... 《イタリアの記憶73》・・・年齢 >>