無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶75》・・・GIAPPONE(日本)パート2   

【笑えない話】
タクシーでの会話



運転手「シニョリーナ、ミラノに住んでるの?」
わたし「そうです」

運転手「学生かい?」
わたし「うぅん、働いてるの」

運転手「どこの国の人?」
わたし「日本人よ」

運転手「年はいくつ?」
わたし「あててみて」

運転手「そうだな〜、14歳!当たっただろう!」
わたし「えっ?私働いてるって言ったよねぇ!14歳で働いてる訳ないじゃない」
   「23歳です!」

運転手「マンマミア!東洋人の年は、本当に分んないや!」

運転手「イタリアでどんな仕事をしてるの?」
わたし「洋服の仕事」

運転手「モデルさんかい?」
わたし「まさか!洋服の型紙を作る仕事をしているの」

運転手「日本って国は、イタリアより貧しいんだね。日本には仕事がないんだ」
   「こんな貧しいイタリアにまで来て・・・可哀相に」
わたし「なに???」
   「私は、日本で一緒に働いていたデザイナーから、仕事を手伝ってもらいた
    いって頼まれたからイタリアに来たの!」


現代の日本人は”職を得るために海外へ行く”という感覚は殆どないと思います。
(日本には、そういう外国人が多く滞在はしていますが)
でも、イタリア人のタクシー運転手は、私のことを『国境を遥かに超えた出稼ぎ』と、勘違いした訳です。


イタリアは、決して裕福な国ではありませんでした。
周りのヨーロパ諸国に比べ、外国人の就労者もごくわずか。
何故なら、イタリアの国民でさえ仕事を得られない人が沢山いるのに、外国人に仕事を与える事なんて出来ないからです。
その点フランスには外国人が沢山就労していました。それは、戦争が強かったからとも言えます。みなフランスの植民地から職を探しにやってくるのです。


でも、そんな状況のイタリアだからこそ、物価が安く、とても暮らしやすかったのです。
エスプレッソは40円位で飲めたな〜。
100円くらい出すと、リンゴが何個も買えたし・・・。



EU統合後、物価は2倍以上に跳ね上がりました。
そして今、イタリアには沢山の外国人が就労しています。(特にミラノ)
でも、そんな様子は何だかイタリアらしくないように感じてしまうのです。
[PR]

by sole-e-luna | 2008-03-07 00:42 | 物の考え方 | Comments(4)

Commented by corgi-pan at 2008-03-07 08:47
おはようございます。
>「日本って国は、イタリアより貧しいんだね。日本には仕事がないんだ」
なるほど.....そういう理解なんだぁ。貧しい国の人は少しでも裕福な国に出稼ぎ或は移住したいと考えるのが普通ですものね。東北地方の人が冬に東京に出稼ぎに行くようなものかも。ヨーロッパの場合、それがもう少しスケールが大きくなって他の国に行ってしまうのでしょうね。
Commented by inzei_com at 2008-03-08 00:12
こんばんは。
空気の違い、時間の違い。日本から飛び出して、初めて感じます。

そのうち、時計を見ながら時間に縛られて暮らす生活を終了して、
ゆったりまったり暮らしたいと思います。

つまらんカキコですいません。
Commented by sole-e-luna at 2008-03-08 02:15
>corgi-panさん
日本はバブル間近でしたので、日本人としてはかなりびっくりな解釈ですよね・・・。島国の日本人が外国に行くには、海を渡っての大きな移動になってしまいますが、ヨーロッパは陸続き。車で1時間も行くとスイスなんです。外国が遠いって感覚はあまりないのかもしれません。でも、日本は遠いって言われましたけど。
でも、今のイタリアは寿司ブームだとか。私が住んでた頃は「生魚を食べるなんて信じられな〜い」と言っていたイタリア人だったのに。
そう言えば、3年前のミラノで『弁当BAR』というお店を発見しました。何と、イタリア人が出来立てのお弁当を食べているのです。
いや〜、イタリアも変わりましたよっ!(ミラノだけかもしれないけど)

Commented by sole-e-luna at 2008-03-08 02:21
>inzei_comさん
確かに、国々の違いってありますよね。空気が違えば風景も違う、国民性も違う。暮らすと言う事は、そんな違いを直に直面するということです。良くも悪くも。お嬢さんが海外にいらっしゃるんですよね(貴ブログのコメントを思い出しました)お嬢さんの人生にとって、かけがいのない経験が出来るといいですね☆

さてさて、もうすぐ我が家の暴れん坊『くるみ』の誕生日がやってきます。それを期に、次回はくるみのお話を書こうと思っています。
名前
URL
削除用パスワード

<< ♪わんこ家族くるみのお話♪・・... 《イタリアの記憶74》・・・G... >>