無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ♪わんこ家族くるみのお話♪・・・出会い   

我が家は長い間、犬のいる暮らしでした。
犬がいることがあたりまえでした。

以前は、室外犬が二匹いました。
豆柴犬♀と、ハスキーのミックス犬♂

2003年6月、豆柴犬が16歳で他界。
朝、餌をあげに行ったら、眠るように亡くなっていました。
彼女は、亡くなる前日まで元気に過ごしていました。
老衰だったと思います。

そして2003年12月、ミックス犬が13歳で他界してしまいました。

半年の間に2匹とも他界してしまい、家族中が淋しくて淋しくて・・・。
最初は、他界した2匹の為にも「犬を飼いたい」とは、誰も言いませんでした。
が、年が明けた頃、誰からともなく「春になったら犬を飼おう」と、言い出しました。

じいじは♂犬がいいと言い、私は♀犬がいいと言い。
「春になると出産が始まるから、それまでは我慢しよう」と、じいじが言い・・・。

室内犬を飼ったことのない我が家では、いずれにしても室外犬でないとダメだったので、新しい家族の条件は短毛種の中型犬でした。


2004年4月、じいじと私のペットショップ巡りが始まりました。
が、どのペットショップに行っても、当時の人気犬『ミニチュアダックス』や『チワワ』等の小型犬ばかり。もしくはレトリバーのような大型犬。
なかば諦めが入り始めた頃、道沿いに見える大きな大きな『犬』の看板を発見☆


看板を頼りに行ってみたら、なぜかそこは普通の民家。
恐る恐るインターフォンを押すと「中へどうぞ」と言われ、門を開き、庭に入ったらビックリ!
いるわ、いるわ、犬だらけ!!!
何種類いるのか分らない、全部で何頭いるのか分らない(多分100頭以上)
そこは繁殖専門のブリーダーさんのお宅でした。

ブリーダーさんに私たちの希望をお話したところ、
「今里子に出せるのはコーギーかな」と言って奥の部屋から買い物かごに入ったコーギーを見せてくれました。

そこですかさず私、「やっぱり♀だよね!」(折れた、じいじ)

それがブラックタンのくるみでした。
(ブラックタンの♀は、くるみだけだったのです)

里子にいただくには1〜2週早い状態でした。
産まれて40日しか経っていなかったし、他の兄弟たちよりも、くるみは小柄だったのです。
それでも、じいじと私は、くるみを我が家に連れて帰りたかったのです。

くるみという名前はブリーダーさんがつけていた名前でした。
その名前をそのままいただきました。



e0123299_1541552.jpg【くるみが家族になった日】
2004年4月19日 生後40日
片手サイズの900グラムでしたe0123299_204743.jpg
[PR]

by sole-e-luna | 2008-03-10 02:09 | わんこ家族くるみと千楓のお話 | Comments(6)

Commented by inzei_com at 2008-03-10 12:49
くるみちゃん、こんにちはぁ。
あらまあ!かわいいでしゅねぇ!
この時は、まだお耳が立っていない時なんでしゅねぇ。
これからもよろしくお願いしまひゅねぇ。
Commented by corgi-pan at 2008-03-10 12:55
こんにちは。
まだ実家に住んでいた頃、ビーグルを屋外で飼っていました。背骨を傷めて一時下半身不随になったりもしましたが、基本的には手がかからないいい子でした。
でも室外犬で手がかからないと思っていたのは、実は下の世話も抜け毛の世話も飼い主が全くしていなかったのです。昨年室内犬としてコーギーを飼い始めて、飼い主としての責任を全く果たしていなかったと思い知らされました。
今はその反省の上にパンと暮らしているわけです。

ブラックタンのコーギーって可愛いですね。お眼目の色も違うんですよね~。
Commented at 2008-03-10 19:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sole-e-luna at 2008-03-10 22:52
>inzei_comさん
殆ど写真がないくるみの、唯一の写真が携帯の写メ。
画像がちっちゃくて残念ですが、私にとってはやっぱり宝物です!
お耳が立ったのは、1ヶ月半後くらいだったと思います。
今、がんばってカメラに慣れさせているんですが、カメラを向けると彼女は呆れた顔をするんですよ・・・!
Commented by sole-e-luna at 2008-03-10 23:02
>corgi-panさん
パンパパさんと全く同様の経験をしております。はい。。。
くるみは現在、室内外犬です。夜は家に入りますが、日中留守にする時は、庭の犬舍(約3帖)にいます。じいとばあが、いつも一緒にいて、くるみに話しかけています。だからか、彼女は言葉を殆ど理解しているように見えます。家族が見えないと不安がります。
つくづく、本当につくづく、以前の犬達も同じようにしてあげていれば・・・と、悲しくなります。

Commented by sole-e-luna at 2008-03-11 00:07
追伸
お目々の色・・・画像は青黒く見えますね。多分赤ちゃんだからだと思います。人間の赤ちゃんも白目は青白く、黒目は青黒いですよね。
ちなみに今は、むーちゃんより少し濃い茶色です。
名前
URL
削除用パスワード

<< ♪わんこ家族くるみのお話♪・・... 《イタリアの記憶75》・・・G... >>