無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ホタルの里   


私は、幼い頃からホタルを見た記憶が殆どありません。
小学生の頃、1〜2匹見た事がある程度です。



今、私の暮らす県では、あちこちで『ホタルを呼びもどそう』運動がなされています。


ホタルが見られるのは、雨上がりの蒸し暑い夜だそう。
梅雨があけると、ホタルはいなくなるそうです。



2年前から、ホタルが見たかった私。
今日は雨は降らなかったけど、友人と行ってみようか!という事になりました。


場所は、NISSAN自動車学校の敷地横。
駐車場に着いてまずビックリしたのは・・・真っ暗なのです。
駐車場から『ホタルの池』までのあぜ道?も真っ暗。
途中に案内の看板があったようですが、真っ暗で見えません。
明るいと、ホタルの生命に影響があるのだとか・・・。


手探り状態で『ホタルの池』に着くと・・・。
残念ながら映画『蛍の墓』のように沢山のホタルはいませんでしたが、30〜40匹はいたでしょうか?
でも、広い池のあちこちにいるので、一度に視界に入るのは2〜5匹くらいです。


静かな空気の中で、ホタルの灯りが瞬いていました。
大きい灯りで華麗に飛んで行くホタル。
まだ飛べないけど、小さい灯りを草むらの中で放っているホタル。
見に来ていた大勢の人たちも、ホタルの邪魔をしないように、小さい声でお話ししてました。


ホタルの一生は1週間だそうです。(孵化してから)
その一週間を一生懸命生きているのですね。


画像はありません。
モネの睡蓮に描かれているような池でした
(月もなく、真っ暗だったので、そんな気がするという程度ですが)
[PR]

by sole-e-luna | 2008-06-25 01:43 | やさしい時間 | Comments(13)

Commented by corgi-pan at 2008-06-25 08:56
おはようございます。

蛍狩りとは風流ですね。私が始めて蛍を見たのは、中学生のときに「夏山の学校」で軽井沢に行ったときでした。夜寝ていたら、部屋に1匹の蛍が入ってきたので、捕まえようとしたのです。蛍が手の平に乗った途端、『熱いっ!』と言ってその蛍を払い落としたのを今でも覚えています。熱いわけないんですが、炎のように見えたので自然とそんな反応をしてしまいました(笑)。

>モネの睡蓮に描かれているような池でした。
パリのオランジュリー美術館でモネの睡蓮を見ましたよ。確かに蛍がいてもおかしくない綺麗な池ですね。
Commented by monmaki at 2008-06-25 15:09
こんにちはぁ~
蛍ですかっ!ん~~~何十年見てないかなぁ~~~
子供の頃は(埼玉の片田舎)田んぼ脇の用水路にたくさんいて、
幻想的な光を放つ蛍に見入ったものです(遠い目)
今じゃ、田んぼや畑をつぶして大きな道路が出来て、24Hコンビニにファミレスの明かり、蛍がいなくなる訳です。
>ホタルの一生は1週間だそうです。
 セミのようですね。人間の一生も何億光年輝く星から見たらほんの一瞬。(百恵ちゃんの歌、思い出しちゃった)毎日楽しく笑っていたいものです。

Commented by wan-kyaba at 2008-06-25 17:06
蛍。。。。そう言えば見たことないかもです。
今時期なんですね~♪
やはり水があるところの近くじゃないと見れないんですよね??
見てみたいかも♪
あっ!!蛍の墓 実写版で映画作るんですよね
私は小さいころに蛍の墓を観たら顔が引きつってしまったそうです。。
現実に起こったことですが幼すぎて受け止め切れなかったんですね。
今でも蛍の墓は観れませんが。。。
Commented by sole-e-luna at 2008-06-26 00:50
>パンパパさん
おぉぉぉ〜☆
オランジュリーに行かれましたか!
地下にある『睡蓮の間』は、スバラしいですよね☆
360度ぐるりと壁に描かれた睡蓮のお部屋に、1時間は居たように思います。
それに引き換えルーブルは早歩きで出て来ちゃいました(宗教画は分からんとです)

夜、真っ暗闇の中で見た『ホタルの池』は、モネの睡蓮の雰囲気に近いかなぁ〜と思いましたが、昼間見たらセザンヌ風かもしれません。
あっ!静寂の雰囲気がモネだったのかも!
Commented by sole-e-luna at 2008-06-26 00:57
>もんままさん
もんままさんのご実家付近では、以前ホタルが沢山いたんですね(羨ましい〜)
私は田舎育ちなのに、ホタルを見た記憶が殆どなかったのですよ。たま〜に一匹飛んでたな・・・くらいでした。

確かに、今の世の中、真っ暗闇になる街なんて殆どないですよね。
その季節にしか見られない『モノ』が、見られるというのは大切な事だし、ウレシイ事です。
今、会社の入り口にツバメが巣を造って子育てをしてます。小さなヒナが4羽。もうすぐ巣立ちの時期です。そんな光景が見られるのも何だか嬉しいです。
Commented by sole-e-luna at 2008-06-26 01:03
>wan-kyabaさん
私も『ホタルの墓』が、ホタルのイメージになっていました。
『あの位たくさんのホタルを一度に見てみたい』って思って行ったのですが・・・。
ちなみに、ホタルの灯りは、オレンジ(黄色?)ではなかったです。(ホタルの墓は、暖色系の色だった)
実際には、青白い灯りでした。

私も、映画『ホタルの墓』は、何度見ても切なくなります。見たあと暗〜くなります。。。
Commented by inzei_com at 2008-06-26 03:33
こんばんワン。

今の家に引っ越した当時は、400mぐらい先の用水で、蛍を見ることができました。長男も長女も小学生。PTAで「蛍観察会」のような催しもあったようでした。
でも、中には、「捕まえて家に持って帰ろう」という心ない人もいたようです。
私も、夜、帰宅する途中で、車を停めてライトを消して、しばし心を和ませてもらったことが何度もありました。

今では開発が進み、蛍の生息範囲も狭くなってしまって、、、。
もう少し郊外へ行かないと、見かけられないようです。
先日、billmonさんが撮影してきてました。

ツバメと言えば、市内の小学校では、毎年「ツバメ調査」をしています。小学生が校下を回って、各ご家庭でツバメの生息状況を調査するのです。うちの子たちも、全員やりました。

夜、少し明るくても、ツバメは生息できますが、
かわいそうなことに、蛍はダメなんですよね。
「ホタルの里」のようなところが、あちこちに必要になるかもしれませんね。
Commented by ajisai-junko-mama at 2008-06-26 13:00
こんにちは^^
今日は雨降りで作業は休みです。

蛍・・・この村へ越して来た14年前、当時借りていた会社の借家の裏が一面たんぼでした。
今時期?たんぼ側の窓を開けたら・・・物凄い数の蛍がすぐ側に居ました。
小さかった娘達を静かに呼んで、3人で窓辺に顔を並べて、ずっと見ていたのを思い出します。

こんな水の綺麗な場所でも年々蛍は見れなくなりましたが、
最近また見え始めました。

数年前は、なぜか?庭でも見れましたよ?
庭には蛍が居そうな環境は無いのに。。。
近くのたんぼから遊びに来てくれたのかも知れませんね?
Commented by sole-e-luna at 2008-06-28 23:29
>むーちゃんパパさん
自然界においてのホタルの役割って何なのでしょうか・・・?
いなくなってしまっても、特に困る事はないのかもしれませんが、私にとってホタルは夏の風物詩そのものです。もし、いなくなってしまったら、心が困るかもしれません。

会社のツバメですが、親ツバメがせっせと何度も何度も子つばめに餌を運んでいました。人間の親は、こんなに一生懸命子育てをするだろうか?と、考えさせられてしまいました。
そろそろ巣立ち・・・、巣立ちの瞬間は見られないでしょうね。。。
Commented by sole-e-luna at 2008-06-28 23:33
>junko-mamaさん
mamaさんの住んでいるところは、自然が豊かな所だから、ホタルが生息し続けられるのでしょうね☆
沢山のホタルを見る事が出来たお嬢さんたちは、幸せですね!
「ホタルの里」は、残念ながら、人間が作った物です。それでもホタルが見られるという事はとても嬉しいことです♪
Commented by vento at 2008-06-29 07:31 x
はじめまして。現在ローマに住んでいる者です。
探しものをしていたら、偶然ブログを拝見することになりました。

先月だったでしょうか、蛍ものらしきものが飛んでいました。
水もない場所で、住宅地。
蛍だよな・・・と自問自答を続けながら光が遠くなるまで見ていました。
数日後、友人も別の場所で見かけたと話していました。

それが、本当に蛍かどうかは知れずままですが、だけど、儚いきれいな光でした。
Commented by sole-e-luna at 2008-06-29 23:57
>ventoさん
初めまして!
そしてコメントありがとうございます♪

現在ローマにお住まいなんですね〜。
私はミラノでしたが、ホタルらしきものを見た記憶がありません。

ホタルかどうかは分からなくても、きれいな光が見られたのは嬉しいですね☆
Commented at 2008-07-05 00:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

<< 《イタリアの記憶83》・・・南... キャンドルナイト >>