無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 《イタリアの記憶90》・・・引っ越し大作戦3   



夜な夜な壁の塗り替え作業を行い
やっと、やっと、念願の引っ越しですっ!


引っ越し荷物は、本当に少なくて、友人の車で2回往復したら済んじゃいました(笑)
(泥棒に入られた家は、家主の荷物で溢れかえっていたので、自分の物を殆ど購入しなかったのです)







《サロン》
e0123299_163996.jpg

必要最低限の家具しか購入しませんでした。
テーブルと椅子6脚は、『蚤の市』に卸す古着等の倉庫を経営している老夫婦から安く購入しました。ちなみに椅子は全部違うデザインで、中には犬にガリガリされた跡が残っている物もありました(笑)






《ベッドルーム》
e0123299_116431.jpg

ベッドルームの入り口です。
クローゼットを買ったら高いので、棚とラックに洋服を収納していました。
唯一、ベッドマットのみ新品を購入。
床は全て大理石のモザイクだったのですが、床下暖房が入っており、真冬でも半袖でOK!
ベッドも、毛布一枚で快適でした♪







《バスルーム》
e0123299_182030.jpg

ここは、唯一何も手を加えなかった場所です。







《廊下の電球を付けてくれているファビオ》
e0123299_184011.jpg

天井からの電気は、廊下とサロンに一つづつ付けました。
後のお部屋は、間接照明を床に置いたり、クリップ照明を活用していました。
アシスタントをしてくれていたファビオが、仕事帰りに必要な道具を持参し、慣れた手つきで電気の設置をしてくれました。
(ちなみに彼は、現在ニューヨークで、舞台衣装の仕事をしています)




運河沿いの家は、余計な物が、な〜んにもないお部屋でした。
泥棒に入られた家には、結局2年弱も住む事になってしまったのですが、今思い出すのは1年強しか住んでいない、このお部屋の思いでしかないのです。
・・・不思議ですね。



おしまい
次回、ちょっと”おまけ”有り
[PR]

by sole-e-luna | 2008-11-13 01:47 | 生活/言葉 | Comments(8)

Commented by ajisai-junko-mama at 2008-11-13 01:58
OH!床が大理石モザイクとは・・・いかにもイタリアですね。
シンプル・伊豆・ベストですね^^
オサレです~♪

床暖房もナイスでしたね。
junko-mamaも1度で良いから~♪1人暮らしをしてみたかったぁ~♪
Commented by corgi-pan at 2008-11-13 09:57
おはようございます。

モザイクはただのプリントだと思っていたら、なんと本物の大理石?すごいゴージャス!しかも床暖房なんて。これで7万円は安いですね。この広さなら2人ですんでも十分ではないですか。泥棒除けにワンちゃんとか飼えばよかったのに...。

>廊下の電球を付けてくれているファビオ
ソケットから付けなくてはいけないのですね。日本では考えられん!
Commented by inzei_com at 2008-11-13 13:51
大理石の床、素敵ですね。
やはり、ヨーロッパは「石の文化」、日本は「木の文化」と、改めて思い知らされました。

くるみママ様も、このファビオ君のような多くの友人に助けてもらっていたのですね。
うちの子もそうなんだろうな。しみじみ。

ペンキ塗りも御苦労様でした。画像からはわかりませんが、ペンキの匂いがすごかったのではありませんか?

とにかく素敵なお部屋でしたね。(^_^)
Commented by monmaki at 2008-11-13 17:04
わぁ~~\(・o・)/ワア!ー
大理石の床ーーステキ!で、床暖房なんていいわぁ~
くるみままさん、さすがです。シンプルでいいお部屋ですぅ~

こんな素敵なお部屋が7万円!んーーー 羨ましいぃ
Commented by sole-e-luna at 2008-11-14 00:29
※junko-mamaさん
ネガが変色してしまって、実際の色とは違っているような気がするのですが、実際のお部屋は、と〜ってもあたたかいお部屋でした。(画像は冷たい部屋に見えませんか?)
大理石なのに温かい。
床を触ると、ホットカーペットのように温かい訳ではないのですが、部屋中が温かかったです。
>シンプル・伊豆・ベスト←買っても無駄と思ったら、浪費は出来なかっただけなんですけどね。
Commented by sole-e-luna at 2008-11-14 00:36
※パンパパさん
はい、本物の大理石です。
でも、モザイクって事は、お安いのではないでしょうかね・・・?
日本に帰国後、イタリアも家賃が急激に上がったようで、私が暮らしていた時期はラッキーだったのかもしれません。

ファビオは「どの辺りに電気を付ける〜?」何て言いながら、線を繋いで伸ばして、設置してくれました。
私の家に、トンカチはなかったので、道具は全てファビオが持参してきたと思います。
イタリア人にとっては、当たり前のことなので、慣れているんですよね。
Commented by sole-e-luna at 2008-11-14 00:46
※むーちゃんパパさん
友人の家は、半分がフローリングだったように記憶してますが、石の床のところも多かったですね。
でも、我が家のような床は、他では見た事がありませんでした。

人間は一人では生きていけませんね。
相手の状況を察して、友人の方から声を掛けてくれる事が多かったような気がします。
み〜んな、『知らんぷり』『見て見ぬ振り』では、ないんです。
感謝ですね。。。
お嬢さんも、同じだと思いますよ!

Commented by sole-e-luna at 2008-11-14 00:50
※もんままさん
ですよね〜。大理石の床下暖房なんて、日本では考えられないですよね〜。
現在の我が家、木造一戸建て、とぉ〜っても寒いんです。。。
ミラノに帰りたくなります。。。
日本の暖房設備は、寒いです〜。(マンションは温かいけど)

この部屋、私の帰国後は10万以上になってしまったと思います。
名前
URL
削除用パスワード

<< 《イタリアの記憶91》・・・引... 《イタリアの記憶89》・・・引... >>